続 レイルの春来たり  その9  ニッポンの春

iiyama201904_00151take1b.jpg

  飯山線 上境  2019年4月








山は緑、花は紅の小学生の絵みたいにはしたくないと思いつつも、

山河に満ちる春にあって姑息な変化球の方が野暮というものだろう。

そしてささやかな鉄道もまた、ニッポンの春の掛け替えのない一部だと思うのだ。











iiyama201904_00173take1b.jpg

  西大滝







HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2019/05/25 21:24 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(0)

続 レイルの春来たり その8  薫風好日

iiyama201904_00157take1b2.jpg

  飯山線 信濃白鳥  2019年4月









残雪の山々は青空に映え、風は薫る。

越後信濃国境に、堰を切った春が溢れている。










iiyama201904_00146take1b.jpg

  桑名川







HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2019/05/23 21:02 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(2)

続 レイルの春来たり  その7  対話

tadami201904_00209take1b.jpg

  只見線 入広瀬   2019年4月










今年の桜は去年並みに早いと身構えるも、急激な寒の戻りに慌てて足が止まり、

遅れると見立てれば堰を切ったような開花にまた焦り。

自然との駆け引きは毎年繰り返されるのだけれど、早い遅いはあくまで最大公約数でしかない。


名も無い一本の桜は泰然自若に自分のリズムを生きている。

多分一日きりしかないクライマックスは何処にありや。

それはその一本と撮り手との対話の中だけにある。











HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2019/05/21 20:25 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(2)

続 レイルの春来たり その6  花模様

tadami201904_00530take1b.jpg

  只見線 大白川  2019年4月








年号を跨いだ大型連休も始まって、車内の人影も幾分濃くなった。

車窓の刹那、旅人に声上げさせる花あれば、密やかな土地の鎮めの花もあり。









tadami201904_00393take1b.jpg

  越後須原






HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2019/05/19 20:16 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(2)

続 レイルの春来たり その5  水鏡

tadami201904_00605take1b.jpg

  只見線 越後須原  2019年4月









日本のチロル、は盛り過ぎかもしれないがそんな第一印象に吸い寄せられる。

水が張られ代掻きが始まった田んぼが映すは、瞬く間に過ぎてしまう春である。









HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2019/05/17 20:00 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(6)

続 レイルの春来たり  その4  若葉のポートレート

tadami201904_00566take1b2.jpg

  只見線 大白川  2019年4月








少雪の冬もあってか峠越えの道は残雪も少なく、芽吹き始めた木々はたおやかな春の陽の下にあった。

季節のある一瞬にだけ宿る優しい光をどう捕まえるか。

普段のピクチャーモードを変えて「ポートレート」をチョイスしてみた。

柔らかい調子ながら穏やかな彩度が残る。

恋するような、とも例えられる春の若葉は、どこか女性の肌の彩りにも通じるようだ。










tadami201904_00440take2b.jpg

  大白川







HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2019/05/15 20:30 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(2)

続 レイルの春来たり  その3  山煙る

tadami201904_00325take1b.jpg

  只見線 入広瀬  2019年4月








今日は晴れ間が戻るはずが、里を見下ろす頂きはまだ雲に覆われている。

しかしある意味天候回復期程ランドスケープの写材に恵まれる時も無い。

上昇気流が一番列車を見送る。









HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2019/05/13 19:57 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(2)

続 レイルの春来たり  その2  朝の冷気

tadami201904_00308take1b3.jpg

  只見線 大白川  2019年4月







今回は不要かと思われたダウンのインナーを持って来ていて良かった。

季節外れの降雪さえあった翌朝の冷気が沁み入る。

朝一番の送り込み回送はいまだ冬が名残る山懐に。









HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2019/05/11 19:56 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(2)

続 レイルの春来たり  その1  季節は巡る

tadami201904_00155take1b2.jpg

  只見線 入広瀬  2019年4月









せっかく買った新ロケ車の稼働率を上げたいケチもあれど、

手頃な距離にある只見線や飯山線にばかり通い詰めてるよなあと思う。

若葉が濃くなりやがて枯れ色に落ち沈黙の白い季節を経て。

撮り手のイマジネーションの枯渇をよそに、二度と同じにはならない季節は巡る。

再び春を呼ぶエネルギーを分けてもらって、心に充填し直そうか。










HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2019/05/09 21:08 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(6)

春が零れる

kanbara_16854 55mm 大蒲原改札口の子供1 原版take1b2

  蒲原鉄道 大蒲原  1983年








木々の根が開き始めれば長い冬もようやく終わりを迎える。

暗い土蔵のように閉ざされていた待合室にも、浅い春の薄日が零れるのだった。








HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2019/05/07 20:01 ] 昔の旅 蒲原鉄道 | TB(0) | CM(6)