北の細道   その12      豊ヶ岡リターンズ

hokkaido201702_14872take1b.jpg

    札沼線 豊ヶ岡   2017年2月








留萌本線くんだりまで下りて来れば、札沼線も結構目の前である。

前回の「豊ヶ岡」は2月初頭で、いい頃合いの一本5432Dが17時47分発は真っ暗になってしまっていた。

うっすらでいいからブルーモーメントが残る時間帯に押さえたい、3週間遅い今回ならと色気を出していたのだ。

しかし雪が無くちゃつまらん所だし再訪は天気次第、躊躇しつつ何となく微妙な具合ながらエイヤとハンドルを切る。


行ってみれば時折晴れ間さえ出る曇天、ホーム上に雪なんぞ無しにはガックリだが、

こういう日は夕暮れと共に雪になるとの読みは当たった。

どんどん降れ降れ、全てを白く覆ってくれ。でも頼む。1分たりとも遅れないでね。

本命の発車時刻は日没の約30分後、ブルーモーメントはさすがに徳俵に足が掛かると思われるからだ。








hokkaido201702_14896take1b.jpg

hokkaido201702_14908take1b.jpg







宵闇が迫って舞台は整えり。








hokkaido201702_14938take2b.jpg



hokkaido201702_14946take2b.jpg








前回もそうだったが、この駅の夜ってどんなに降っていても列車到着となると不思議と小降りになるんだよね。

降ってた方がいいかどうかは微妙だけど、この非現実感はやっぱりここに住む森の精の仕業かと思うのだ。








hokkaido201702_14976take1b.jpg







前回は飛行機に乗れなくなるので断念した「返し」も今回はOKだ。

闇に漂う駅は、撮像素子に残された幻にも見えて。







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/04/10 23:20 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(4)

豊ヶ岡

風太郎さま

しっかりと仇を討ったわけですね。。。
宵闇迫るのもさることながら、2枚目の3Dのように浮かび上がらんとする
キハ40の方が何とも言えない不思議な魅力があります。
[ 2017/04/11 18:09 ] [ 編集 ]

異次元世界への


狂電関人さま

そうなんです。
此処ではどう撮っても何か不思議な写り方がするんです。異次元世界への入口?
利用客はほぼゼロと思われる中、ホームの除雪はちゃんとされているのがJR北海道の苦境を物語るようですが。
[ 2017/04/11 22:25 ] [ 編集 ]

豊ヶ岡の妖精

こんばんは。

行かれましたね、豊ヶ岡。
確かにここで撮影すると不思議な写り方するんですよね。
やっぱり妖精がいるのですかねぇ。

私が此処へ行くと、いつも晴れなので降雪の日に訪れてみたいです。
[ 2017/04/14 22:58 ] [ 編集 ]

なかなかニッチな妖精ワールドです


いぬばしりさま

夕陽が線路の向こう側に沈む感じなので、晴れの日もまた良しなのかなあと思う事もあるのですが。
ある程度読めるところもあったとはいえ、お約束のように降り始めてくれればテンションも上がるもの。
本当はこの1週間後位がベストではと思うのですが、3月になってしまえば雪も期待薄になりますしねえ。
妖精もなかなかニッチなハードルを課しているようです。
[ 2017/04/14 23:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://futaro1980.blog.fc2.com/tb.php/1313-d3b61a79