ホタテの町から

湧網線 計呂地 1981年8月 16bitAdobeRGB原版 take2b3

   湧網線 計呂地   1981年








オリンピックも終わっちゃいましたが前評判の盛り下がりとはうらはらに楽しませてくれましたね。

しかしカーリングって面白いねえ、と改めて。大トリとも言える銅メダルには風太郎も目頭が熱くなりました。

藤沢以外全員の出身地、常呂町は今は北見市の一部らしいけど、オホーツクとサロマ湖のほとり、

ホタテが特産の小さな町の盛り上がりもさぞやと。

五月チャンをはじめルックスも話題になったが、重さ20キロというストーン ( 時々その重さに放り出したくなるフル装備の風太郎カメラバックの2倍近い重量 )

を片手でひょいと返して裏を拭いたりするのは相当な筋力と思うぞ。

件の五月チャンも普段は北見市の普通のOLとの事。決して恵まれた競技環境とも言えない中での快挙に価値がある。

風太郎がご縁のあった音威子府の高校の卒業生も、スキー競技に二人出場した。 ( ノルディックとバイアスロン女子 )

冬季オリンピック故もあろうが、日本の片隅の北の町に陽が当たるのもいいね。



さて写真は網走から常呂を経由して湧別に向っていた湧網線。計呂地~芭露のサロマ湖脇の区間。

事前情報も何も無く地形図だけ見て此処ならと下車して安直にパチリだし、右側に道路があるのか何とも窮屈な構図だが、時事ネタに免じて。

車内は地元の人はもとより、リュックにラジカセまで抱えた旅の若者で一杯だった。

確か台風が近づいていたと思う。 憂いを含んだ北国の短い夏。








HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

松音知

_3073天北線 松音知発車する列車 take1b

   天北線 松音知   1988年







天北山地のシンボルといえばピンネシリとマツネシリ、それぞれズバリ男山・女山の夫婦山。

天北線も漢字を当てた敏音知駅と松音知駅が仲良く並んでいた。

最後まで交換駅として駅員が配置されていた敏音知駅と比べ、

松音知駅は停留場に過ぎず早くから無人化されたようでうら寂しさはあったのだが、

築堤にへばりつくように建てられた駅舎は国道からも良く目立ち趣があった。

駅前の木に隠れた山体がマツネシリ、フレームアウトしているが右側の山裾がピンネシリである。

松音知駅舎は天北線廃止後、地元住民に引き取られ保存されていると聞く。



優麗な山容のピンネシリが気の毒なので別カット。山頂からは遠くオホーツクが望めるという。








天北線 松音知駅 冬1 1988年1月 AdobeRGB 16bit take1b 





HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

歌志内静夜

歌市内線歌志内の夜 55mmF35_11993take1b

    歌志内線 歌志内   1988年







産炭華やかりし頃、セキの群れが埋めていたであろう広大なヤードも、今は闇と静寂に沈むばかりである。

いにしえの活況を見てみたかった気持ちはあれど、時代のエンドマークは瞬く間に消えてしまうものでもあるから、

その刹那に立ち会う事も意味はあったかもしれないと思うのだ。

利尻乗車の時間潰しに往復、ワンカット限りの歌志内駅。夜の冷気が足許からゆっくり這い登った。

この3ヶ月後、雪解けと共にサヨナラ列車が出る。







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

手であけてください

北海道 冬の車窓2 1988年1月 原版take1b

    天北線  1988年









おいおいドアを勝手に開けちゃいかんだろ、そもそも手で開くものか?

というのが鉄道に対する基礎知識というものが欠如したまま鉄道を撮る事になった風太郎の、

 「meets ローカル線」原体験だったような気がする。相模線のキハ20だったか。

ドアの前で佇んでいると後ろの高校生が怪訝な顔で開けて見せたり。危うく降り損ねそうになったり。

鉄道車両のドアというのは案外重いものだなと思ったもの。

それは慣れ親しんだ都会の電車とは全く異質なワンダーワールドのドアを開けることでもあったろう。










HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

北の鉄路に

名寄本線 中興部 夕暮れの駅員1 1988年10月 16bitAdobeRGB原版take1b

   名寄本線  中興部     1988年









まだ10月というのに待合室にはストーブが燃え盛っている。

冷たい秋雨の降る日。それは初雪の日でもあったようだ。

北の鉄路の半分が剥がされようとする今、此処に生きた者達の息遣いを伝えたいと思う。









HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村