鬼滅列車?

五能線 オハフ61車内2 AdobeRGB 16bit   原版 take1b

  五能線 オハフ61  1984年






最近始めたFacebookに室内灯が白熱の五能線オハフ61の写真を載せたら、「鬼滅列車だ!」とのリアクション。

チンプンカンプンでいたら「映画を観れば分かります。」との事。

「鬼滅の刃」が日本映画史を塗り替えるような空前のヒットを飛ばしている事は知っていたものの、

原作のマンガもテレビアニメも一切見た事無いし、それは当然の前説として知っている事を前提とした、

「続編」の作りと聞いていたのでなんだかなあだったのだが、大泣きする人続出らしいからまあ観てみるかと。


感想は・・・・。

主人公が列車の車中という密閉空間で敵役の「鬼」と戦う。

成程鬼滅列車はコイツかいと納得したが、舞台は大正時代の設定、8620が牽くは良いが客車の考証がなっとらんわい。

いやそれよりやたら閃光付きのチャンバラ映画かいっと、エンドロールと共に頭を抱えたのも久々だ。

まあ鬼滅ファンも大勢いるのだろうからこの程度にしておこう、やれやれ。



夜明け前の深浦始発。 発車前に三脚のセットももどかしい。

深い屋根と白熱灯は、現代の鉄道車両が排除してしまった翳を宿した。 そこに鬼が潜んでいるかはともかく。

それからひと月も経たずに、鬼滅列車は黄泉の国へと旅立ってしまった。








© 2011 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2020/11/13 20:45 ] 昔の旅 東北の国鉄・JR | TB(0) | CM(2)

暮れる駅

磐越西線 徳沢駅のホーム2 198年 月 日 16bitAdobeRGB原版 take1b

  磐越西線 徳沢  1981年








まだ跨線橋も造られていない頃の徳沢駅。

肩掛けカバンは中学生らしいから、徳沢に中学校は無かったのだろうか。

後尾に付くのは荷物車に郵便車。 ごく当たり前に鉄道が生活を運んでいた時代である。

たゆとうスチームも饒舌な初冬の里が暮れてゆく。







HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2019/12/27 23:36 ] 昔の旅 東北の国鉄・JR | TB(0) | CM(6)

タブレット授受

磐越西線 タブレット授受2 198年 月 日 16bitAdobeRGB原版take2b4

  磐越西線 徳沢  1981年







さてタブレットの受け渡しを写真に撮るに、一番イケてるタイミングは何処か。


①駅員氏の伸ばした腕に助士氏が狙いをつけ、大きく乗り出してキャリアを構える、「前」。

②キャリアと腕が交差する瞬間の、「ビンゴ」。

③キャリアを放り込んだ後、フォロースルーを決める、「後」。


何を今更のボヤキ半分だが、風太郎は①ではないかと思っている。

張り詰めた緊張感のようなものが、助士氏はもちろん駅員氏の背中からも伝わるのではないか。

また構図的にも奥行きが出ると思うし。

②は決まればスゴイのかもしれないが、瞬きのように短い瞬間だけに実際には極めて難しいのは当然の事で。

③は・・・まさにこの写真である。


多分、②を狙ったと思う。 ファインダーの中ではジャストミート、「ビンゴ」だったはずなのだが。

賢明な諸兄は既にお察しの通り、一眼レフはミラーが上がりシャッター幕が走るまでのタイムラグが存在するから、

ファインダー上で視認していたようではダメなのだ。 結果、一番イケてないと思われる③になった次第だ。

未来位置を予測して早めになどという芸は無いばかりか、手巻き上げではこのワンショットが全てだった。

駅員氏が切れているのは限界まで構図を詰めたんだい、と言い張るにしても。


そんなジレンマは秒〇コマの高速連写が可能な現代のデジイチならかなりの確率で解決するだろうし、

なんなら①から③まで全て撮る事も訳は無い事だろう。

いやいや豊かな写材に恵まれるなら最新機材なんぞ要らねえよ、と啖呵を切るところだが、

両者がついぞ並び立たなかった感があるのも、「鉄道の写真」を巡る皮肉な運命だったように思える。


いずれにしても結構な速度での受け渡しというのは、勢い余って駅員氏の背中を打つようなキャリアの「踊り」からも察せられるし、

助士氏の手を離すタイミングが遅れれば駅員氏はそのまま後ろに昏倒するという想像は容易だろう。

鉄道現場につきものだった危険作業のひとつだったし、そこに働く者同士の素朴な信頼が前提の作業でもあったと思う。




閑話休題。

この写真のDD51をC57に置き換えたら、ただそれだけで何の違和感も無く10年時代を遡ったろう。

主役を除く蒸気機関車時代のほぼ全てが、何の演出でもなく残っていた不思議な時代だった。

いや、もうひとつ違うものがある。

若い助士氏のトップをペタンコに潰した制帽、必死につばを押さえてまであごひもなんぞ掛けないのは、

最末期の「国鉄職員」の、殊の外イケてるスタイルだった。






HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2019/06/02 17:21 ] 昔の旅 東北の国鉄・JR | TB(0) | CM(12)

終列車

日中線 会津加納 1984年2月 55mm_7011原版take2b

   日中線 会津加納   1984年








18時45分発 625列車。 これが下り終列車である。

深閑としたホームに響く、雪を踏みしめる足音が今も耳に残る。








HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2018 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2018/12/26 20:39 ] 昔の旅 東北の国鉄・JR | TB(0) | CM(2)

家路

日中線熱塩198402_6971 55mmtake3 モノクロ変換b2
 
    日中線 熱塩   1984年








1日3往復、「日中走らない」日中線の623列車は、

会津盆地の11kmを30分かけてゴロゴロ走り、夕暮れ迫る終着駅に着く。

デッキから降りてそれぞれの家路につく高校生たちを迎えると、

雪に埋もれ荒れ果てた無人駅に少しだけ温もりが戻るのだった。


ここもまた、誰かの故郷であると知る。










日中線 熱塩 冬 ストップ標識 198年月  AdobeRGB 16bit 原版 take1b2








明日からアジアの混沌に身を浸して来ますので、一週間位お返事等遅れます。











「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」
[ 2018/07/13 20:54 ] 昔の旅 東北の国鉄・JR | TB(0) | CM(2)