北の細道   その17      帰る場所

hokkaido201702_14503take1b2.jpg

    知恵文   2017年2月






もう30年も昔だけれど初夏の雄信内駅を訪ねた際、待合室に置かれたノートを手に取った事がある。

その当時から「秘境駅巡り」はあったらしく旅行者のヨタ話が殆どの中にあって、珍しく地元出身の女性の書き込みがあった。

今は旭川の会社に勤めて故郷を離れたが地元の成人式に出るために帰郷したという。

果たして自分は大人になりきれているのか、此処に戻るたびにひと回り大きくなっていたいという呟きと共に、

私は雄信内が好き、此処の良さは離れてみると分かります、と閉じられているのが心に沁みた。


何故ならその当時でさえ、駅周辺はゴーストタウンさながらだったからだ。







hokkaido201702_14357take1b.jpg

   雄信内駅


hokkaido201702_14348雄信内take1b

   雄信内 







国道40号線を北上すればまるで西部劇に出て来る荒野の町のように時折現れる集落はあるものの、

それを外れれば荒涼とした廃墟の風景が広がっている。

一億の民の多くが第一次産業に依拠して暮らしていた時代、そして大陸や樺太からの引き揚げなど取り敢えずも食べるための土地が必要だった時代に

此処に暮らしの礎を定めたのは国家的な入植政策の過ちばかりではなく、時代が求めた止むに止まれぬ必然というものもあったように思う。

しかしその後急に過ぎた産業構造の変化は、驚く程の早さでそのささやかな暮らしの記憶を歴史の彼方へと送ってしまったようだ。

都会のように再開発など考えられぬままそこに遺棄された生活の痕跡。それは「風葬」の言葉を連想させる。








hokkaido201702_14325take1b.jpg

   佐久


hokkaido201702_14355雄信内take1b

   雄信内


hokkaido201702_14364take1b.jpg

   雄信内






北へと伸びる鉄路の脇には、バイパスの名を借りた高規格道路が将来の高速道路化を目指して建設が進む。

そこを走る高速バスは忘れ去られたような集落に停まる事は無い。


お盆にはまた此処に帰る、その頃には雪も消え暖かくなっているでしょうと、ハタチの女性がノートに書き込んでから30年の月日が流れた。

彼女は再びこの北の細道を踏んで、あの待合室へと帰って来るのだろうか。




( 北の細道  おわり )







hokkaido201702_14544北星take1b

   北星   






HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/04/20 22:03 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(4)

北の細道   その16      恵比島峠

hokkaido201702_15080take1b.jpg

   留萌本線 峠下   2017年2月







ほとんど平坦地を走る深川~留萌間にあって雨竜山地を横切る恵比島峠は、

主たる需要が羽幌・留萌炭田の石炭という超重量輸送であった事を考えれば、それは険しい峠越えの道だったようだ。

時は流れその峠越えの記憶は、パーミルを緩和するために設けられた馬蹄形の特異な線形に残るのみである。

行ってみればその馬蹄形部分は防雪林に囲まれ見通しが利くポジションの発見は容易では無く。

このあたりのご苦労とこの峠道の詳細は、Wonder+Graphicsさんのブログに詳しいのでご一読を。

昨今のヘタレな風太郎は無謀なラッセルに突入する程の気力も無く、峠下から徐々に高度を上げていくこの築堤周りで誤魔化す事にする。

今は単行キハが軽やかに駆け抜ける人跡薄い峠道は、静寂だけは昔のままか。

D61の本務機に9600の後補機という石炭列車の咆哮を、幻聴でも聞いてみたいと耳を澄ませる列車待ちである。









HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2017/04/18 22:15 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(0)

北の細道   その15      明日萌こと恵比島

hokkaido201702_15168b.jpg

   留萌本線 恵比島     2017年2月







突然のように天下の全国放送、それも視聴率30%近い国民的番組の撮影が始まるとは、ささやかな集落もさぞやど胆を抜かれた事であろう。

1999年放送、NHK朝ドラ「すずらん」の舞台である。鉄にとってもSL「すずらん号」が走るという余録があったからご記憶の方も多いかと思うのだが、

勤め人の風太郎としては朝ドラと縁を作るのは難しく、また鉄道へのテンションも最低の時期だったからあまり見た記憶が無い。

ストーリーとかを知るにつけ、見ときゃ良かったとちょっと後悔もある。 (スピンオフした映画版はずっと後になって見たが)

駅のベンチに置き去りにされた赤子の母親探しと、それを養子として引き取った駅長、そして戦前から戦後にかけた北海道の片田舎の盛衰を描く物語。







hokkaido201702_15174b.jpg




ロケ現場は留萌本線恵比島駅そのものと駅前周辺。

既に不粋なダルマのヨ駅舎になっていたのだが、木造駅舎はダルマのヨ駅舎を覆うように建てられ (つまりは外見だけ、内部はスタジオ撮影だったという事か)、

駅前には町並みのセットが多数作られた。内部まで備えた駅舎が本格的に再現されたのは、観光資源化を当て込んだ地元の意向によるもので後の事である。

残念ながら冬季は非公開のようで、外から窓越しに見学。





hokkaido201702_15171b.jpg



振り返れば目が合ってドッキリ。萌ちゃんですね。



hokkaido201702_15173b.jpg



駅長さんもいらっしゃいます。橋爪功に似てるかな。



hokkaido201702_14814b.jpg






ドラマの設定そのままの、石炭産業という時代の盛衰をまさに体現した土地である。

1971年まで「留萌鉄道」の大規模なターミナル駅だった。最盛期の年間旅客輸送量は45万人に達したという。

駅舎の向こうには広大なヤードが広がり、鉱山関係者もいれば一攫千金を夢見る山師や様々な商売人もこの駅前を賑わした事だろう。

今、深閑と雪に埋もれた駅前にその残滓すら見つける事は難しい。


国鉄からの払い下げなんぞ当てにせず、当時しては最新鋭の気動車を何両も自社発注した羽振りの良さはまさに黒いダイヤの為せる技だが、

その後の閉山補助金政策は産炭地の事業意欲を急速に失わせ、雪崩を打つようにヤマの灯は消え鉄道もまた運命を共にした。

まだ車歴の浅かった「新鋭気動車」たちは海を渡って茨城交通(現ひたちなか海浜鉄道)に引き取られ、

故郷を遠く離れた関東の地でつい最近数奇な生涯を終えたのは周知の通り。


此処がロケ地に選ばれたのは、幸か不幸か駅前に大規模な町並みのセットを作り得る程の大きな空地があったからではないか。

そのぽっかりと口を開けた空白こそがこの土地を通り過ぎていった歴史のうねりを黙して語るのだ。

元駅前旅館の古い建物だけはセットでは無い。時代の証人の如くひとり此処に在って、まだ遠い春を待っている。







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2017/04/16 19:46 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(2)

北の細道   その14      真布

hokkaido201702_14994take1b.jpg

   留萌本線 真布   2017年2月






真布と書いて「まっぷ」と読む。

留萌本線はこの他にも「きたいちゃん」とか「ちっぷべつ」とか、韻の踏み方がリズミカルなアイヌ語のそれに忠実な駅名が多くて楽しい。

「オ・ペレペレケ・プ」を帯広とか言わなければ鉄道員の滑舌も良くなったろうに。






hokkaido201702_15130真布take1b






元仮乗降場である。1956年開設。

もともと運炭鉄道という純産業用途で作られた留萌本線は、旅客輸送など眼中に無かった風の疎らな駅配置だったのだが、

戦後増え続ける人口はここにも汽車を停車させた。

1両分のささやかなホームしかない割には立派な木造待合小屋を構える。

近隣は北海道でも有数のコメ産地ながらその平坦な地形は風を遮るものがなく、

地吹雪に荒れる土地にあっては、此処に立つ人を風雪から守ってくれる建物は必要だったのだろう。

積雪に対し急傾斜の屋根を持つためか内部は意外に広く感じる。

昨夜の吹雪の名残りも見えるベンチに腰掛ければ、そこに籠るのは古い木造建築独特の懐かしい匂い。

そうだ忘れかけていた嗅覚の記憶を呼び覚ます様な、「田舎の鉄道の香り」なのだ。







hokkaido201702_14843真布take1b





下の写真はやらせである。

上の写真にも写っているように奇跡のように下車する人がいたのだが、これが乗り鉄さんで埼玉の大学生だという。

秘境駅巡りでもあるらしく、一旦ここで降りて30分後位にやって来る上り列車で帰るとの事。

長い旅になると宿泊費が大変でとか言ってるのを聞くと可哀想だなあとは思う。

ボクもキミ位の頃はいろいろ行っていて、利尻に大雪、まりも、泊まれる列車があったからねえと、若いモン相手につまらぬ事を言ってしまったな。


さて上りが来る時間。

「地元民が待ってる風に立ってくれないかなあ。」「いや地元民じゃないんで。」「大丈夫大丈夫、充分見えるよー、地元民に。」

というやり取りの後、なかなか役者な立ち姿を決めてくれた。


ありがとう。いい旅を続けてくれ。






hokkaido201702_14862take1b2.jpg







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2017/04/14 20:28 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(4)

北の細道   その13      留萌本線

hokkaido201702_15200恵比島take1b

   留萌本線 恵比島   2017年2月







もう増毛ないぜー、と言うなかれ。

「残存区間」の深川~留萌間はこれまで手付かずに加え、風太郎好みの渋~い駅舎がまだ結構残っているようで。

北海道の支庁所在地が沿線にある場合、廃線は免れるという暗黙の掟があったと聞くが、

昨今の風潮ではそんな掟は紙風船だから。

「留萌」危うし。あるうちに足跡を付けておかねばと。








hokkaido201702_14830take1b.jpg

   北秩父別


hokkaido201702_15218秩父別take1b

   秩父別







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2017/04/12 21:56 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(2)