江の川紀行 その10   88年目の桜

sankou201710_22118川戸take1b

  三江線 川戸   2017年10月







江津にもほど近い川戸駅は1930年4月、三江線最初の着工区間の終着駅として誕生、故に線内では最も古い駅のひとつである。

多分江の川水運の川港として栄えたのだろう町並みと共に、趣のある木造駅舎が残っている。

今は使われなくなった対向ホームの先には、開業記念に植樹された桜が87年の歳月を重ねた枝振りで鎮座している。

駅を行き交う人々に季節の移ろいを伝え続けたであろう老木に、既に始まりつつあるのはひと足早い紅葉。

来年3月末の廃止と同時にこの駅の歴史も閉じられる。88年目の花は、その今際に間に合うだろうか。








sankou201710_22134川戸take1b






HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/11/18 21:55 ] 最近の旅 西日本 | TB(0) | CM(8)

江の川紀行 その9   忘れられたレール

sankou201710_22003口羽take1b

   三江線 口羽    2017年10月   







1975年開業の鉄建公団建設部分は、気前良く奢られた鉄橋やトンネル、高規格線路を利した高速運行が行われている。


今、三江線を利用する地元民はほぼ皆無という。

それはご多聞に漏れぬ話ながら、ローカル線の主役とも言える通学高校生の姿さえ疎らなのは。

沿線の公立高校自体が生徒数の減少で存亡の危機にあるところが多いのだが、

近隣校同志生き残りを賭けた生徒の奪い合いさえ起こっており、その際の決め手が「スクールバス」らしく。

駅までの送り迎えさえ不要なスクールバスを導入すれば一気に生徒が流れる実情にあって、三江線は高校生からも忘れ去られたという事だ。

単行でさえ持て余していた三江線の列車に最近2両編成が多いのは、廃止のニュースが報じられて以降、

乗り鉄さんで溢れているからだという。皮肉に過ぎた話である。







sankou201710_21698信木take1b

   信木



sankou201710_22081長谷take1b

   長谷






今から30年前、国鉄改革の先兵として全国津々浦々まで伸びたローカル線が次々と廃止になっていった。

でもそれらは昼間の運行こそガラガラなれど、朝夕は満席になる程の通勤通学客がいた。

それが細やかながら地域の生活を支えていると思えたからこそ良き被写体にもなり得たのだが。

現代に生き残っているローカル線よりも遥かに乗客の影が濃かったように思うのもまた、歴史が与えた苦い皮肉だろう。



めぼしい観光資源もない沿線に運命を打開する策は尽きたか。三江線の冷徹な現実である。






sankou201710_22035香淀take1b

   香淀






HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2017/11/16 20:11 ] 最近の旅 西日本 | TB(0) | CM(4)

江の川紀行 その8   宇都井駅

sankou201710_21598take1b.jpg

    三江線 宇都井   2017年10月





これは日本の「珍百景」に数えられるべきだろう。

1975年の全通時に開設された宇都井駅である。

高さ20mという橋梁上に作られた駅。これが本当の「橋上駅舎」だ。

老朽化した団地の様な建物の中にはエレベーターが収められているなどと勘違いしちゃいけない。

全部で116段あるそうだが、6階分位ある階段をエッチラオッチラとひたすら登るのだ。(途中で「あと何段」と励ましてくれる)

バリアフリーなど糞食らえである。

もう暫くすると駅全体がイルミネーションで飾られるそうで、これには周辺に最近目立つという熊もビックリだろう。






sankou201710_21570take1b.jpg

sankou201710_21568b.jpg

sankou201710_21577b.jpg





この珍奇な駅はどういういきさつで生まれたのか。秘密はこの周辺のダム計画にあるらしく。

宇都井の集落全体が水没するようなダム建設構想が当時存在し、付け替えの無駄を省くつもりだったのだろうが、

線路は極力高い位置に敷設されたそうで。

宇都井はそこそこの集落なので駅のニーズはあったというより政治的な匂いもするが、

谷間にあるそこに駅設置となればこういう構造は必至だったようだ。

周到なようで何か順番が違いませんかというのは後出しジャンケンの戯言だろうか。






sankou201710_21575b.jpg

sankou201710_21574take1b.jpg





やがてこの駅も「遺構」に変わる。

いや道路や施設を跨いだ構造物は危険防止の観点から撤去が原則だそうだから、その痕跡さえ残らない可能性がある。

ある時代を黙して語るモニュメントとして残したい気はするけれど。







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2017/11/14 21:24 ] 最近の旅 西日本 | TB(0) | CM(4)

江の川紀行 その7   紅の甍

sankou201710_22014江平take2b2

   三江線 江平   2017年10月





しっとり潤った紅色の甍。

石州瓦の家並みは、本場島根県はもとより広島県側に入り込んだ集落まで、肩寄せ合って在る。

行政区界などお上の勝手な線引きで、住まいの文化もまた川という一本の線で繋がっているのだ。

歴史を重ねた家が多い。重い瓦は三江線など形を成さない頃、川舟が運んだのだろうか。







sankou201710信木_21667take1b

   信木





線路と家々が接近しており、軒先をかすめる感じがいい。

もとより狭い川べりを新参者の三江線は頭を下げて分けてもらった、というところか。

親に先立つ何とやらだが、家々は三江線の誕生から終焉までを見届ける事になった。

時代から取り残されたような山深い国境にあって、ひっそりと積み重なった暮らしの日々。

その聲と匂いを感じたく。






sankou201710_22099take1b.jpg

   宇都井






HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2017/11/12 23:09 ] 最近の旅 西日本 | TB(0) | CM(6)

江の川紀行 その6   夜神楽

sankou201710_21824神楽take1b

   石見都賀 松尾山八幡宮   2017年10月






とっぷりと辺りが闇に包まれる頃、夜神楽が始まった。







sankou201710_21826take1b.jpg

sankou201710_21812神楽take1b2

sankou201710_21819神楽take1b

sankou201710_21834take1b.jpg





相当に修練を積んだ演者に見えるのでいわゆるプロの公演かと思っていたのだが、地元の保存会の様な団体のボランティアと聞いて驚く。

厳かな「神降ろし」から始まり、出し物は「戻り橋」「悪狐伝」「八岐大蛇」のような古来伝統の神話物。

竹灯籠が闇に揺らぐ境内に響く夜神楽は日付が替わるまで続く。






sankou201710_21845take1b.jpg

sankou201710_21913take1b.jpg

sankou201710_21853take1b.jpg






風太郎は神楽なるものを実際に見るのは初めてで、何やら難解な取っつき難さを覚悟していたのだが、これが結構面白い。

ストーリーは無辜の民を苦しめる怪物をヒーローたる若武者が退治するという肩の凝らないもので、

その単純明快さは演者には失礼ながらチャンバラ劇でもあり、どこか「◯◯戦隊ショー」をも思わせる。

いや「◯◯戦隊ショー」こそが神楽の舞台演出を真似たというのが正解だろう。

民はハレの日に娯楽とカタルシスを求める。それはまた地に根を下ろした神々と喜びを分かち合うものでもあろうと。







sankou201710_21865神楽take1b

sankou201710_21880take1b.jpg

sankou201710_21868take1b.jpg

sankou201710_21905take1b.jpg






「怪物」は庶民を苦しめる圧政者を模していたのかも知れないし、文化は庶民の心根に寄り添い日々の暮らしに潤いを与えてこそ生き残り伝わるもの。

石見の国といえば神楽の本場ではあるが、その伝承は江の川伝いに広まったという。

大河は人と物の流れと共に、土着の文化をも運んだという事だ。


明日の朝駆けを考えれば日付が変わるまでとはいかず、灯篭揺れる境内を後にする。

闇に黒々と沈む山々に、尽きる事の無いお囃子の響きが溶けてゆく。






sankou201710_21907take1b.jpg




( 暫く留守にしますのでお返事等遅れます。 )





HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2017/11/08 22:25 ] 最近の旅 西日本 | TB(0) | CM(4)