なんと!!  水着撮影会

satueikai201709_19961take1b2.jpg





なんと!! 「水着撮影会」 にやってきました。

ニッコールクラブという団体があって、加入が昨年ニコンサロンで写真展をやった際に資格要件になっていたので。

時々「◯◯先生と行く◯◯撮影の旅」とか案内が来るものの別段興味が無かったのだが、湘南で水着モデル撮影会との事。

こういう撮影会って一人のモデルに大勢群がり、鉄のお立ち台並みに怒号飛び交う修羅場と聞いていたし、

第一こういうのって参加費が高いだろーと思っていたのだが、1400円ポッキリの会員価格にグラグラと。

修羅場見学を兼ねてこのディープなワールドに踏み込むのも後学の為かと。もちろん相応のスケベ心は隠さぬが。


当日は台風の暗雲迫る辻堂海浜公園。海岸は波にさらわれるからとプール貸切。

想像はしていたが300人位はいると思われる参加者の高齢化率は凄まじい。

風太郎とて他人の事は言えぬがそれでも若い方から数えて5%以内には入ると思うから推して知るべし。

それでもこのじいちゃん達、元気なんだな、これが。


( モデルさんはWEB等掲載フリーです。念のため。 )






satueikai201709_19387take1b.jpg

satueikai201709_19399take1b.jpg






一歩でも前に出るという競り合いはもとより、こういう写真の「決め」はやはりモデルの目線を取る事にあって、シャイでは損ばかりの世界である。

「プリティー!!」 「マーメイド!!」 「ギブミー!!」 とか叫んでいるじいちゃん達の問答無用のパワーは凄い。

やっぱり高齢者の元気が日本を支えるかと感じてしまう。

実際 「渚のマーメイド」 とか暑苦しいタイトルを付けてフォトコンにでも出すんだろうな。






satueikai201709_19706b.jpg






モデルは日本人もいればパツキン系もおり、これはロシア、ベラルーシ、ウクライナとかロシア系が多い。

バタ臭さがやや少なくて肌がキレイ、日本人好みなのかな。






satueikai201709_19726take1b.jpg

satueikai201709_19992take1b.jpg






服をお召しになった 「じらしタイム」 もあります。

雨も降りだす悪天ながら晴れたりしたら変な影が出てまた大変だったろうから、これはこれで好条件と思う。

その昔宣伝課の下っ端としてプロカメラマンの仕事を真近に見る事が多かった銀塩時代。

曇りや雨の日のモデル撮影となると暖色系のシートフィルターで色温度を補正していて、

大らかに自然発色任せの鉄とは大分様子が違うわいと感心したもの。

晴れの日でもごく薄いアンバーを掛けると女性の肌はキレイに写ると言ってたな。

今はWBクリクリで一発補正だから楽になったもの。

ご託宣通りにもう少しアンバー寄りに振るかと思ったけど何か嘘っぽくなりそうでこの程度に。







satueikai201709_19360take1b2.jpg

satueikai201709_19327take1b3.jpg






手持ち肩越しショットは普段からだから何の違和感も無いが、鉄のように三脚で領有権確保がないからカオスである。

でも想像したより全然修羅場じゃなかったな。

図々しく一歩前が当たり前、それをスタンダードと認めて後はモデルに掛ける声のでかい者勝ち、

気後れしている奴は素直に負けを認めて後ろに下がれという世界。

それがまた結構静かで理性的な秩序になっているのだ。

もとより他人の土地に三脚&脚立、4~5人分相当の領有権を存分に誇示して周囲を威圧した上に、

二言目にはマナー云々を垂れるより余程大人な秩序に見えるけどね。






satueikai201709_19671take1b.jpg

satueikai201709_19932take1b2.jpg






「両脇を締めて寄せる」 はカメラの構え方ではありません。






satueikai201709_19664take1b2.jpg






じいちゃん達は目線取りの声を掛けるだけではなく、ポージングへの「積極的指導」も。

先生役の女性プロカメラマン、「皆さんグラビア好きですねー!」 「あーこんな写真、奥さんに見つかったらー!」 「あー、そのポージングは際どい!、ダメダメ!」 


うるさい。





satueikai201709_20010take1b2.jpg

satueikai201709_19797take1b2.jpg






やっぱりこの子がダントツ人気ナンバーワン、可愛い系はもちろん何より表情豊か。

言われなくてもレンズの一本一本に目線を送る配慮はデキた子だ。

「うおー!」 「可愛いよー!」 「それだあ!」 「だっちゅうのー(古)!」 という応援でモデルを乗せるのも肝要なようで。

「婦人科」 の大ベテランとおぼしき、謹厳実直そうなじいちゃんが腕組みして 「この子は表現力が高い。」 なるほど。






satueikai201709_19945take1b2.jpg





女性参加者は当然と言えば当然だが構成比として3%位か。

これだけカメラ女子が増えているんだから 「イケメン水着撮影会」 とかあっても良さそう。結構来ると思うけどね、お忍びで。

あまりの男性中心+高齢化にニッコールクラブも悩んでいるようだが、今やカメラは介護用品とも言われる中、次の一手は必須かと。




satueikai201709_19937take1b2.jpg





ロシア系のプロポーションは凄いが、もう少し齢を食うと一気にボンレスハムみたいになるんだよなあ。

騙された!とロシア男はもっと怒るべきだと思うぞ。





satueikai201709_19577take1b.jpg





序盤は気後れしていた風太郎の目線取りもエンジンが掛かって来ましたよ。





satueikai201709_19874take1b.jpg

satueikai201709_19512take1b.jpg

satueikai201709_19987take1b.jpg

satueikai201709_19895take1b2.jpg





今回のお勉強は 「シビアなピント」 を改めて見直したくなった事。

無限遠ばかりの鉄道撮影では退化してしまうその部分だが、こういう写真はそうはゆかぬ。

無闇に絞りを開けて背景をボカせばいいというものでも無く、極薄のピントにあちゃあというカットも多数。

何よりポージングによって必要な絞りは変わるし、ピント位置を含めて 「被写界深度の読み」 を瞬時に行う必要がある。

グラビアカメラマンはスケベなら勤まるとは思っちゃいないが、その技の深遠さを再認識。

今回初めてピント位置をカメラ任せにするモードを試してみたら、ピントは必ずブラに食いつくんだよなあ。

コントラストに吸い寄せられるのだろうか、そこだけピンポイントフォーカスした写真多数は困る。





satueikai201709_19851take1b2.jpg

satueikai201709_19828take1b2.jpg

satueikai201709_20062take1b2.jpg





「◯◯ちゃーん」 「可愛いー」 「もうちょっとだけー」 と追いすがる連中に最後の笑顔を振りまいて撮影会終了。

このモデルさん、追っかけも大分出て来そうです。

パーベルのようなナナニッパを振り回す事3時間、カット数約800。

「婦人科」 の名医からすればツッコミ所満載なんだろうけど初診者としてはこの程度だろ。

最後は腕がプルプルつりそうになっても、あー楽しかった。 いやいやあ。





satueikai201709_20021take1b2.jpg

satueikai201709_20072take1b2.jpg





HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/09/21 20:18 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(8)

Birth of Venus

venus3b.jpg






ボッティチェリの名画「ヴィーナスの誕生」は、「長過ぎる首」「極端に落ちた肩」「不自然な左腕」と、

美神を謳う割には結構歪んだヴィーナスなのだが、そういった人体に対する解剖学的写実が大切にされたルネサンス期の巨匠の事、

分かっちゃいるが正確性や写実性を超えた美の仕掛けを、その歪のあわいに潜り込ませたという事なのだろう。







Venus1b2.jpg







以前音威子府の写真展を共催させていただいた東海大学の石塚耕一先生の最新写真展は、ズバリ「 Birth of Venus 」。

奇しくも風太郎の写真展と同時期開催となった昨年もビートルズの楽曲から飛躍するイマジネーションを展開されていたのだが、

今回は写真と絵画の融合というテーマはそのままに名画の再解釈に挑戦。







tokyo20170907_19159take1b.jpg






女性モデルのポートレートに複雑なデジタル処理を重ねて現出させるのは、街に廃墟にそしてプライベートルームに生まれたヴィーナス達。

階調を飛ばして彩度を抑えたイメージは、デジタル時代を迎えて写真表現の懐が拡がった現代に在っては絵画的とまでは言わないけれど、

むしろ浮遊するイメージとリアルな写実の間を行き来するような、不思議な世界観の演出に成功していると思う。







venus2b.jpg







以前の写真展では「こんなのは写真ではない。」と酷評もされたとの事だが、

色彩は常にそれが置かれた光の環境に依拠するもので、何が本当の色、写実なのかは誰にも分からない。

豊かな階調性云々も枯れた見方をすれば、「ごく平均的にきれいに見せる」ためのテクニックに過ぎず、

現実の光と翳はもっと荒々しく、あるいは水を打ったように穏やかに在るものなのかも知れず。

そこに織り込まれた「歪」こそが写実を超えたイマジネーションの飛躍を促すのなら、それはルネサンスの画家の目論みにも通じるように思うのだ。


新宿眼科画廊にて13日まで。






HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2017/09/09 22:34 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(6)

カラス部隊

kanbara1983 55mm_16908b






通りすがりに覗いた古本市で「日本発見 ローカル線讃歌」なる1981年刊のムックをゲット。

国鉄線を中心とする全国のローカル線のルポルタージュから、津々浦々までレールが敷かれた背景、国鉄再建問題との関連まで網羅し、

昨今の焼き直しを繰り返したような鉄旅本より余程内容がある。

もっともこの頃既に国鉄ローカル線をことごとく廃止するための政治日程は着々と進んでいたのだが、

そんな懸念は誌面からは読み取れず、ギリギリまで現実感が乏しかった事も分かる。






kanbara1983 55mm_16910b





記事中目を引くのは北井一夫さんのルポルタージュ「カラス部隊は行く」。成田線沿線から都心に向う行商人の専用列車を追ったもの。

重さ50kgにも及ぶ荷物を背負うのは小柄な地元農家のおばあさん達。昔より減ったとはいえ700人の行商人が利用していたというから驚く。

荷物は必ず風呂敷に包むのが乗車の決まりだったそうで、何故か黒い風呂敷や服装が多く、

真っ黒なシャドウが多い写真は、北井さん独特な黒焼きか未明の撮影もあってタイトな露出故か分からないが、

まさに「闇夜のカラス」の異名そのままに写し止めている。




kanbara1983 55mm_16912b





行商といえば自家農産品の販売と誰もが思うが、お得意さんのニーズに合わせて商品にバリエーションを持たせるべく、

ヨモギ餅のような田舎風お菓子や生肉まで扱っていたそうで、そのための卸商まで夜明けの駅前に詰めていたという。

背中ひとつの立派なマーケティングが存在していた訳だ。

それにしても山手線経由でようやく朝を迎えた都心の雑踏に消えていく農村女性の逞しさよ。

全国各地に息づいていた行商の世界は、この国の民のごく素朴な勤勉さと共に、資本に頼らず自立した庶民のエネルギーに溢れている。





kanbara1983 55mm_16913b









昨夏の写真展に来場された雪国出身の女性。

故人になった母が毎朝最寄りの駅から大荷物を背負って行商に出ていた、これはその頃見た待合室そのままです、と。






kanbara_16837 55mm大蒲原行商の老婆 原版take1b


kanbara_16831 55mm 大蒲原ホームの行商老婆2 原版 take1b

   蒲原鉄道 大蒲原   1983年    





HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2017/08/02 23:53 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(8)

写真展大巡回

tokai20170729_17048b.jpg






都区内一日フリーキップを買って都内一円写真展巡り。

まずは銀座ニコンサロン。






shashinten201707291b.jpg


「死は生の一部」という作者の死生観が静謐なモノクロームに宿る。

路傍の土くれに死を感じ、微かな残照に生を見る。

無風の水面のような感性に憧れる。



返す刀で鉄分濃い系3連発。

品川のキャノンは猪井さんと鉄道写真作家協会の競作。

「鉄景漁師」とは面白いタイトルだが、この国の美しき山河を縫う鉄道が織りなす光と翳に酔い、旅に心揺れる感動が伝わる。

だからいつまで経っても止められねえ、という猪井さんの呟きが聞こえて来そうだ。


「煙のゆくえ」は、復活SLに対し様々な作家がこれでもかとデシタルをブン回した感じ。

アナログ時代の絶対不可能を可能にする魔法の威力は、蒸気機関車を美しき衣を纏ったオブジェに変える。

いや待てオブジェや見世物じゃないだろ、蒸気機関車は必然から生まれ暮らしを運び時代を作った・・・とは言うまい。

時代は変わり人は変わる。今蒸気機関車は全く違う役割を生きている。何が正しいかは時代が決めてゆく。





shashinten201707292b.jpg



渋谷に転じて。

これはアマチュアを中心とする合同展。何より山岡山さんが出品、わざわざ広島から上京されるとの事で馳せ参じた次第。

地元の強みを生かして三江線、木次線など陰陽横断線を撮り続ける氏はその卓越した映像センスもさることながら、

光線や気象条件など周到に先回りしているのが見て取れ、それはもう小憎らしい程。

地元掘り下げの鑑とも言える方といつも感心しているので、お会い出来て良かった。

ブログの小さな画面に収まりきれない、「現代ニッポンのローカル線」の居住いを詩情豊かに捉えている。

三江線もいよいよ来年で終わりだが淡々と受け入れるという泰然自若さは、ひたすらオロオロするであろう風太郎とは大違いだ。







araki16915b2.jpg



締めは恵比寿でアラーキー。

伴侶にして最高の被写体とする「陽子」との愛と死の記憶。

24歳で結婚して42歳で亡くなった「陽子」は齢を重ねる毎にきれいになっていくんだな。

被写体というより写真と対峙しながら自分の中の「陽子」を見つけ出していたのかもしれない。

ファインダーは独りでしか覗けないものだから全ての写真は「私小説」を纏うのかもしれないが、

自身の内臓をも掴み出すような「念」のリアルな手触りは、写真を狂おしい程の手段に変えてゆく。






やっぱり写真展ってそれぞれの作家さんのイマジネーションやら情念やらが濃縮された空間だから、

そんな事じゃイカンとブン殴られたり、コレだと膝を叩いたり。

いろいろインスパイアを受けたので、おっしゃワシも撮るでとユルユルは遺憾ながら即席「東京日和」。









tokai20170729_16956take2b.jpg

   中央線 中野   2017年7月





もひとつおまけに真島さんの名作「0系新幹線」の真似、じゃなくてオマージュ。

上と併せてコレがナニか分かるかな?





tokai20170729_16944中野189系 take1b

tokai20170729_16951take1b.jpg




HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2017/07/31 20:00 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(8)

北辺の機関車たち

_15891take1b.jpg

  「北辺の機関車たち」  復刊ドットコム刊      








初版が1971年、半世紀近い時を経て蘇った伝説的名著である。

風太郎が写真に目覚めた1980年代以降は古本屋でも見かけるのは稀で、あったとしても2~3万円に及ぶような法外な値付けでは手が出るはずも無く、

噂だけは聞くものの実際に中身を見たのはそれから20年以上後だったりする。

見たい人間が大勢居るのに適価で手に出来ないというのは何より出版文化の貧困と思うし、

「復刊ドットコム」という企画で現代に蘇るは、やはり多くの人々がこの写真を熱く支持した事はもとより、文化の継承という視点でも喜ばしい。








_15898b.jpg

   これが初版本。焼けと傷みが歳月を語るがこれでウン千円だ。






現役SL末期、日本中を席巻したブームの始まりの中で、当時大学生だった三人の若者の手で綴られた鉄と氷、黒と白の絵巻。

厳寒の鉄路に生きる男達の姿もモノトーンの世界に息遣いている。

「蒸気機関車の商業化に耐えきれなかった」というのはメンバーの一人である大木さんの言だが、

その時代をリアルに知らぬ風太郎もブームに乗じたような陳腐極まりない写真群が残されるを見て溜息ついた記憶はある。

所詮商売先行、マーケティングとして撮られた写真には魂から湧き出る様な憧れや愛おしさといったものが宿るはずもないのだ。

アマチュアであるが故のそして若さ故の純粋さと、本当にそれを愛した者のみが持ち得るロマンチシズムが芳醇な旅の抒情と共に心を捉える。

印刷は最新製版で見事にリニューアルされた。スキャニングからやり直したというから画像のクオリティは全く別物だ。

昔の印刷の方も味があるというのは古本を大枚はたいて買った負け惜しみでもあるが、両者を比べてみるのも味わい深い。








_15893b.jpg

_15894b.jpg

_15895b.jpg

_15896b.jpg








今やかつてのSLブームを凌ぐのではと思える撮り鉄ブームである。線路際に立つ人の絶対数で比較するなら今の方が多いかも知れない。

しかしその大衆化・商業化は、ともすれば無個性かつ予定調和的に迎合した写真表現の量産にも繋がる。

世の趨勢に敢えて背を向けた若者たちのエネルギーの在りようが現代に蘇る事もまた、何か時代が求めたアンチテーゼにも思えるのだ。








HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2017/05/29 21:32 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(10)