ゲージツの世界

28mm0323_034b3.jpg






風太郎は中学校の僅か3年の間に、「美術の成績」 について最低点の 「1」 と最高点の 「5」 を両方取ったことがあるという奇特な人である。

無論 「1」 と 「5」 は付けた教師が違うのだが、漏れ聞いたところによるとその違いは 「未完成作品に対する評価の差」 だったらしい。

別に授業中にサボっていたつもりは無いのだが、いろいろイマジネーションが湧くごとに中断するものだからいつでも未完成だったのは事実である。

ミケランジュロは依頼された天井画の制作が遅れに遅れ、依頼人が激怒して足場の上から叩き落されそうになったという故事でも引いて、

「ゲージツに時間制限なんぞ無いんじゃ。」と、どうせなら 「1」 が付く前に噛みつけば良かったと今でも口惜しい。

ちなみにその後、未完成の山に 「5」 を付けた教師は結構真面目に 「キミは美大に行け。」 と焚きつけるものだから、

そういうのもアリかあと高校の授業で美術を選択したら、普通の高校のくせに絵でも描かせたらとんでもなく上手い奴がゴロゴロいて簡単に挫折した。


閑話休題。

昨今何やら 「鉄道写真家養成塾」 と化した感のある 「某大学ゲージツ学部写真学科」 の学生展を見た時の事。

その手の展示となると毎度しゃあしゃあと 「鉄道の写真」 を出して来る奴が必ず居て、

それは良しとしても件の写真が 多分その場に100人居たら100人ともこう撮るだろよという内容だったりすると、

おいゲージツ学部が泣くぜと小言のひとつも言いたくなる。

何にしてもこうも猫も杓子も鉄道状態では、あらゆる職業写真家のジャンルの中で最も需給バランスが崩れるはずである。


今回も案の定だったのだが、ネタが只見線、五能線、津軽鉄道、小湊鉄道と来たら、おやおやと思わずにもいられない。

結論としては結構イケてるように思った。 1年生らしいから尚更よく撮れてる、褒めて遣わすとも言えるのだが、キャプションが気に入らぬ。

「これは僕の遠い記憶の風景である。」って何だよ、21世紀になってから生まれてんだろうが。

只見線も五能線もキミの目の前にある現在進行のリアルなんだよ、若くして 「遠い記憶」 とか借り物使ってるようじゃ写真もだんだん借り物になるぜと。

大概作者本人が詰めているはずだし写真展をタダで見せてもらっている以上、説教ならぬ感想を述べて帰るのが礼儀と思っているのだが、

何やら物言いたげな偏屈ジジイっぽいのが来たと思われたか、遠巻きにされてしまったので果たせなかった。


ゲージツのゲの字にも辿り着かなかった人間がもとより語る身分でも無いが。

せっかくゲージツの世界に片足突っ込んであわよくばそれでメシを食おうと思うなら、少なくとも人と違う事をしようよ、

特に写真をツールにするんだったら目の前にあるリアルの抽象化に逃げずに正面から向かい合おうよ、

そのリアルがいつの日か 「遠い記憶」 として意味を持つまで見届けられるのが、若いキミらの特権なんだからさ。

と、これは偏屈ジジイの独り言です。






HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2020 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2020/03/23 20:05 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(4)

宴のあと

bookダイヤ_00001b







先般の「Railguy」が思いのほか好評だったので、それに乗じて昔の雑誌から面白いものを発掘してみよう。


これは1974年秋発行の「SLダイヤ情報」誌 (もちろんリアルタイムに買ったのでは無く、7~8年も経ってから古本屋で入手したと思う。)、

お題はその裏表紙広告だ。

ずばり「マニアックSL」と題するこの写真集はでかいのなんの、1ページがB全版(1030×728mm)あり、

見開けば2mを超える巨大写真集らしい。 7,300円と当時としては破格のお値段でもある。


しかし。 「マニアによるマニアのための・・・」と謳う割には。

「かつてないスケールであのSLたちが目の前に蘇ります。C58、D-9、D51・・・選び抜かれた写真の一点一点が・・・」

・・・おいっ、「D-9」ってなんだよ。それは多分、「9600」って言うんじゃないのかい!


そして何よりこの広告の主役はD51じゃなく、2人の男達だろう。

汽車なんぞより女の尻を追う方が余程関心があるのだが、その割に一向にモテそうにないシマシマ男。

さらには場末のアングラ劇団の暗がりからのっそり出てきたようなヒッピー 。(これは死語か)

何というか一人一人違うはずの嗜好やら人生観やらは皆何処かに放り投げて、

蒸気機関車という稀代の流行りものに猫も杓子も群がった時代を象徴した広告じゃないか。


「D-9」は単なる誤植の問題では無く、やはり蒸気機関車を知らない人が乾いた商業ベースでしかそれを捉えていない証だろう。

中身まで知らないから迂闊な事は言えないが、写真集の内容も推して知るべしと想像するのだが。


1974年秋か。

当時中学1年の風太郎はドラゴンズの快進撃と巨人のV10阻止に夢中だったなあ。

名古屋に縁もゆかりも無い風太郎がその後半世紀に及ぶドラゴンズ愛に目覚めた年で、それこそ蒸気機関車なんぞ眼中に無かったのだ。

いや気にはなっていたと思う。

でも自分の生活圏からあまりにも遠いところを走る蒸気機関車にどうしてもリアリティが感じられなかったし、

よしんば撮りに行っていたとしても衆のケツにぶら下がり、ただ撮らされた写真になっていたかと想像する。


その1年後に室蘭本線を最後のSL旅客列車が走る。

「SL終焉の日に」 と題した江坂光守さんの 「弔辞」 を読めば、幸多かりし暑き我が夏、というニーチェと共に心に沁みた。

後を追うように直後に早世された氏が綴る、無機質な蒸気機関車に込めた愛情の深さと、それを追った遥かな旅路への想い。

蒸気機関車ばかりではなく、もっと大きくて深い鉄道と旅のロマンというものに、風太郎少年はその期に及んで目覚めたのだ。

それがかっきり 「宴のあと」 だったというのが幸か不幸か。

その後に迎えた時代、すっかり静かになった線路際で、鉄道、そして旅という対象と心静かに自分の目で向かい合えたというのも確か。

それは何かの符丁というか因縁でもあったかと今は思う。





HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2020 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2020/01/03 00:05 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(8)

明けましておめでとうございます。




hidaka3201310_047take1b2.jpg







明けましておめでとうございます。 本年も宜しくお願いいたします。




写真は日高本線は厚賀の高みから望む太平洋の朝。

忙しなくも凪いだ海原のように心穏やかな一年にしたいと思っております。







HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2020 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2020/01/01 00:00 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(14)

良いお年を

kominato20190616_00074take2b2.jpg

   小湊鉄道 里見  2019年6月






これが今年最後の更新になります。

ニッポンのローカル線、もはやこれまでかという閉塞感も漂うなか、こうして1年を振り返ればそれでもしつこく撮ったよなあと。

フレームに踊る日本の四季をゆく鉄道は、やっぱりかけがえのない美しさがあります。

それは海外の線路際も彷徨ってみて改めて想うところ。


来年は2回目の個展という大ヤマも控えるなか、ちったあセーブするかと思いきや、

最後の 「国鉄」 も遠ざかるとあっては、ウズウズも禁じえないと思われます。

二度とは戻ってこない 「今」 に、後に伝えるべきものを見つけ出したく。

七転八倒もまた愉しと、勇んで新しい年を迎えたいと思います。


皆様におかれましては今年一年お付き合いいただき有り難うございました。

良いお年を。






kominato isumi_00192take1b

  小湊鉄道 上総大久保  4月

  

_DSC8363オーボーtake1b
 
  ミャンマー国鉄 マダヤ線  8月  



_DSC7286take1b.jpg

  ミャンマー国鉄 マダヤ線  8月



oigawa201906_00506take1b.jpg

  大井川鐡道 抜里  6月



tadami201909_00017take2b.jpg

  只見線 入広瀬  9月



tadami201902_36595take1b.jpg

  只見線 早戸  2月






HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2020 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2019/12/29 19:02 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(6)

Merry Christmas

tokyo20171208_23563take1b.jpg

  東京駅






♪ 雨は夜更け過ぎに 雪へと変わ・・・らなくとも。

I wish you a Merry Christmas !







HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2019/12/23 23:37 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(2)