絵コンテで、カット割り。

isumi20190616_00085take1修正b

  いすみ鉄道 西畑  2019年







ひょんな事から映画撮影におけるカット割りの台本ともいえる「絵コンテ」を手にする機会があって。

たかが絵コンテでは無く、結構な絵心が無ければこういうものは描けないよなあという感想と共に、

あらかじめイメージされた「絵」に合わせて映像を作り繋いでゆく、映画製作のプロセスを垣間見るものでもあり。








kominato20130412_600take2b.jpg

  小湊鉄道 里見  2013年






以前個展会場で 「あなたの写真は映画のカット割りのように見える。 意識しているのか?」 と問われた事もあれば、

ブログの写真も撮影地に立った最初の時点で全体の絵コンテが出来てるでしょ、と言われることもある。

それが褒め言葉なのか否なのかはともかくとして。







hokkaido201702_14938take1b2.jpg

  札沼線 豊ヶ岡  2017年  






昔からこの世界には 「組写真」 という表現手法がある。

所詮一瞬の時間と画角という空間の切り取りでしかない写真が持つある種の限界に、

複数の時間と空間という補足を与えてイメージの拡がりを作るというのも、実は「絵コンテ・カット割り」 の一種とも思える。

その 「組写真」 もそこにどんなスケールの世界観を内包させるかは、作者の漠としたイマジネーションの在りようだから複雑だ。







watarase201611_11758take1b.jpg

  わたらせ渓谷鉄道 上神梅  2016年
 






秒を数えて走り続ける列車、刻々と変化する大自然、駅に車内にそれぞれの時間を生きる人々。

全ての鉄道の写真はその刹那の邂逅を捉えたドキュメンタリーなんだと思う。

正直なところ絵コンテもカット割りも意識していると言えばしているけれど、

ほぼ全てが虚構として用意できる映画と違って、ドキュメンタリーフォトは被写体あっての出たとこ勝負だから、

計算づくにも限りがあるものだ。








予土線2016年10月_10900take1b2

  予土線 土佐昭和  2016年   







あるワンカットが全てを語り尽くすような写真に対する憧れはあれど、

脈絡がありやなしやの一枚一枚を撮り続ける写真がいつしか互いに結びついて、

少しづつ何らかの世界観を宿してゆくならそれも悪くない。


おぼろげな絵コンテを描きつつ、こりゃあダメだと描き直しを繰り返しつつ、予定調和を超えたハプニングに一喜一憂。

少なくとも二度とは戻らない瞬間との出会いに心躍る旅はまだ続きそうである。








shimabara-9410take3b.jpg

  島原鉄道 大三東  2016年





HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2019/07/31 19:30 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(6)

Railguy

iiyama201904_00002b.jpg






現役SL世代のバイブルと言えば 「蒸気機関車」 誌や 「SLダイヤ情報」誌だったのだろうが、

風太郎世代、特に写真に拘っていた連中のそれは 「Railguy」 だった。

当時から群雄割拠の鉄道趣味誌にあって、読者投稿を主とする掲載写真のクオリティは版の大きさもあって群を抜いていた。

いつかはこの雑誌の見開きになるような写真を撮りたい、というのが写真のシの字さえおぼつかなかった頃の風太郎の憧れだったし、

その後のモチベーションでもあった事は確かだろう。




しかし結局一度も掲載された事が無いというより、投稿すら全くしないまま終わってしまった。

どうせオレの写真なんぞ理解されないだろ、という根本的な自信の無さを誤魔化すようなちょっとヒネた自負も邪魔したのかもしれないが、

それよりもっと現実的な問題として投稿のレギュレーションが厳しすぎたのだ。

画質に拘る編集方針があったのだろうが、特にカラー写真はポジ限定はもちろん、ブローニーサイズが基本、

35mmならなんとコダクロームKM (ISO25) 限定という鬼っぷりだ。

案の定というか掲載写真のデータを見ればもう、ほぼ絞り開放で撮ったようなのが多い。

昔のレンズで開放近くとなれば解像の甘さは避けられなかったはずだし、望遠系なら被写界深度の制約も厳しかっただろう。

それならせめてKR (ISO64) まで認めた方が余程写真は良かったろうにと今なら突っ込むところだが、

当時はこの世界のプロの為さる事だからと、ただただ恐れ多く、近寄り難い存在でもあったのだ。






railguy b

ffff_00004b.jpg




写真の 「磐越西線特集号」 は個人的に「神号」だと思っている。

当時は大幹線に撮り応えのある被写体がたくさんあったし、地味な磐越西線 (今のSL喧噪など夢にも思わない時代だ) を特集したのも珍しいのだが、

衆に流されない達人が密かに着眼していたのだろう、佳作が多い。 ルポルタージュ風のスナップもなかなか泣かせる。

当時超閑散線こそ至上原理主義者として亜幹線すら撮影対象外にしていた風太郎に、 「磐西って結構イケてね?」 と目を開かせた一冊でもある。





iiyama201904_00003b.jpg

ffff_00005b.jpg

railguy_00001b.jpg


「磐」の字が誤植だがカメラの広告も懐かしい。 レギュレーションをクリアするため中判カメラに大枚はたいた御仁も多かろう。





振り返れば当時の 「鉄道写真」 はSLブームの余韻も冷めて衰退傾向にあったと思うし、

写真の力に物を言わせるがスペック的な情報量に乏しいグラフィック誌に限界はあったのかも知れぬ。

ほどなく 「Railguy」 誌は休刊を迎えるのだが、最後になんでもやってやれと編集者がぶっちゃけたのか、

季刊化された後の最後の4冊位が凄いのだ。

狩勝峠の三角山?にヘッドランプも煌々と 「厳寒期夜間登山」 した話とか、その時撮った超増感現像による 「夜間大俯瞰」(正直言って訳の分からない写真)、

私小説とも哲学論ともつかぬ 「心象鉄道の崩壊」 とか、とにかくアナーキーな記事だらけでむしろガツンとやられた記憶がある。

風太郎もその一冊は持っていたはずが行方不明なのが口惜しく、今更ヤフオクとかで探している位だ。



蒸気機関車が消え、程なくして線路際からカメラマンが姿を消し、レールを辿っても誰一人同業者とは出会わなかった時代、

昨今の 「誰もが群がる鉄道写真」 など想像もつかなかった時代にアダ花のように咲き、衆に媚びぬ骨太さがあった 「Railguy」よ、FOREVER!





HPはこちら  

「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2019 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2019/06/20 21:10 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(16)

私をスキーに

ueno20171229_24604take1b2.jpg

   




正月休みのグダグタに書き散らすお屠蘇ネタ。 暇を持て余した方だけで結構です。



JR東日本各駅に貼り出されたポスターを見てうわぁっと思うのはもう、オヤジオバハンばかりなりと思うのだが。

スキー人口の先細りに一時期は止めていたというJRのスキーキャンペーンだが、最近復活、

それでブレイクした本田翼とか若手女優の起用が続いていたのに突然のコレである。

1987年公開、原田知世主演の映画は今年で公開30周年の節目なんだそうだが、

それじゃあ現在のスキー人口の大部分は映画をリアルに知らない事になるな。


1980年代の風太郎といえば、昔の写真の通り冬ともなれば常に日本の片隅の線路際に在った訳で、

「夏はテニス、冬はスキー」が定番の軟弱大学サークルなんぞにはとんと縁が無く、スキーのスの字も知らなかったのだが、

その後就職して否応なしに「社会復帰」してみれば、周囲はそういう軟弱サークルでブイブイ言わせていた男女ばかり、

何でスキーやらないの?と問われれば「いやー、雪は雪でも。」と説明は極めて難しい訳で。 ( 撮り鉄など微塵の市民権も無かった時代だ )

あくまで抵抗していたのだが、その小意地をも打ち砕いて落城させたのがこの映画なのだ。


洋画全盛期、確か映画興業そのものはコケたはず。でも一躍脚光を浴びたのはその翌年あたりにテレビ放映されてからだと思う。

ビデオレンタルさえ一般的でなく、ブルーレイだのネット配信だのは何処の世界の話かという時代だから、テレビは一大ブームの媒介者になり得た訳だ。

スキーゲレンデに立てば男は誰でもカッコ良く、女は可愛らしくなれると素朴に信じ込まされる映画。

携帯電話は無いけど車載無線はある。この映画以降違法開局が相次いだそうな。

クルマはセリカGT4、無茶なドリフトの挙句、逆さまに転覆するのだがそれでもカッコ良かった。以降の4WDブームの火付け役でもある。

( 最初に協力を申し込んだ三菱自動車からは断わられたらしく、後でしまったと思ったんじゃないかな。パジェロじゃひっくり返らないとも思うが。 )

主題歌のユーミンは定番中の定番として長蛇の列のリフト乗り場に延々と響き渡り、夜布団に入ってもぐるぐるリフレインしていたものだ。

ストーリーのキーにもなっている「サロット」なるスキーブランド。そういう「記号」にからきし弱い時代だからこの映画が成立する。

ちなみに「サロット」は本当に商品化して売り出す計画があったそうだ。諸般の事情で実現しなかったようだが、これは絶対売れたと思うぞ。


「サロット」ならぬ「エレッセ」の小洒落たスキーウェアをしみじみ眺めて、風太郎も遂にここまで堕落したかと思いつつも、

志賀高原の焼額山、まさにロケ地そのもので、「これから万座に向います!」「馬鹿野郎!」とかのネタで映画を知らないごく少数者を憐れみつつ、

男女混合「トレイン走行」( もちろんブリザード、ブリザード、の歌付きだ ) でハジければ、

本当のトレイン、ローカル線の撮影なんてもういいやあ、とあっさり引退したのが風太郎のバブルでもあったろう。


駅のポスターに戻る。

この映画の公開当時、東北・上越各新幹線はとうの昔に開業していたのだが、劇中ではキレイに無視されている。

だいたい列車の網棚なんぞに担いできたスキー板をどっかり乗っけてなどという辺りからしてダサかったのだ。

JRは仇をとるつもりか、ポスターはこれでもかと新幹線を繰り出したのだが、駅員のマイクは車載無線のパロディと思われ笑える。

でも右側のグラサン外しバージョンは目が寄り過ぎだし全然似て無くて良くないねえ。

当時ミラーのグラサンは「誰でもいいオンナに見える」アイテムとして最強だったのだが、外した時のはああ?!を思い出したぜ。

でも割と最近まで「吉田羊」が原田知世だと思っていた位だからこれ以上突っ込むのは止めておこう。


なぜいまさらにこのバブリー映画なのか。さすがに昔懐かしリアル世代をスキー需要の主役とするのは無理があろうし。

主役を張りそうな世代に少なくともこの映画を知らしめて、ヨシ俺もと腰を上げさせるのか。

それとも繰り返しというか、何処か時代の空気感が当時と似て来ているからか。

いやそれは大分違うだろーという例証はいくつも挙げられようが、ひょっとしたら個別指向に疲れたというか、

誰もがひとつの文化に踊り、同じ方向を向く事がむしろ気楽という空気がカウンターとして浸潤しつつあると見たのか。

そのあたりの意図はいまいち不明な「スキツレ」であるが、思えば「1987年」は国鉄解体の年でもある。

それから間もなく昭和が終わり、平成すら終わろうという今、いつの間にか手が届かぬ程遠くなった日々が此処にある。





HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2018/01/02 19:21 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(6)

Merry Christmas

shinjuku20171221_24092take1b2.jpg

    新宿   2017年12月








I wish you a Merry Christmas!









shinjuku20171224_24568take1b2.jpg







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2017/12/24 19:00 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(6)

なんと!!  水着撮影会

satueikai201709_19961take1b2.jpg





なんと!! 「水着撮影会」 にやってきました。

ニッコールクラブという団体があって、加入が昨年ニコンサロンで写真展をやった際に資格要件になっていたので。

時々「◯◯先生と行く◯◯撮影の旅」とか案内が来るものの別段興味が無かったのだが、湘南で水着モデル撮影会との事。

こういう撮影会って一人のモデルに大勢群がり、鉄のお立ち台並みに怒号飛び交う修羅場と聞いていたし、

第一こういうのって参加費が高いだろーと思っていたのだが、1400円ポッキリの会員価格にグラグラと。

修羅場見学を兼ねてこのディープなワールドに踏み込むのも後学の為かと。もちろん相応のスケベ心は隠さぬが。


当日は台風の暗雲迫る辻堂海浜公園。海岸は波にさらわれるからとプール貸切。

想像はしていたが300人位はいると思われる参加者の高齢化率は凄まじい。

風太郎とて他人の事は言えぬがそれでも若い方から数えて5%以内には入ると思うから推して知るべし。

それでもこのじいちゃん達、元気なんだな、これが。


( モデルさんはWEB等掲載フリーです。念のため。 )






satueikai201709_19387take1b.jpg

satueikai201709_19399take1b.jpg






一歩でも前に出るという競り合いはもとより、こういう写真の「決め」はやはりモデルの目線を取る事にあって、シャイでは損ばかりの世界である。

「プリティー!!」 「マーメイド!!」 「ギブミー!!」 とか叫んでいるじいちゃん達の問答無用のパワーは凄い。

やっぱり高齢者の元気が日本を支えるかと感じてしまう。

実際 「渚のマーメイド」 とか暑苦しいタイトルを付けてフォトコンにでも出すんだろうな。






satueikai201709_19706b.jpg






モデルは日本人もいればパツキン系もおり、これはロシア、ベラルーシ、ウクライナとかロシア系が多い。

バタ臭さがやや少なくて肌がキレイ、日本人好みなのかな。






satueikai201709_19726take1b.jpg

satueikai201709_19992take1b.jpg






服をお召しになった 「じらしタイム」 もあります。

雨も降りだす悪天ながら晴れたりしたら変な影が出てまた大変だったろうから、これはこれで好条件と思う。

その昔宣伝課の下っ端としてプロカメラマンの仕事を真近に見る事が多かった銀塩時代。

曇りや雨の日のモデル撮影となると暖色系のシートフィルターで色温度を補正していて、

大らかに自然発色任せの鉄とは大分様子が違うわいと感心したもの。

晴れの日でもごく薄いアンバーを掛けると女性の肌はキレイに写ると言ってたな。

今はWBクリクリで一発補正だから楽になったもの。

ご託宣通りにもう少しアンバー寄りに振るかと思ったけど何か嘘っぽくなりそうでこの程度に。







satueikai201709_19360take1b2.jpg

satueikai201709_19327take1b3.jpg






手持ち肩越しショットは普段からだから何の違和感も無いが、鉄のように三脚で領有権確保がないからカオスである。

でも想像したより全然修羅場じゃなかったな。

図々しく一歩前が当たり前、それをスタンダードと認めて後はモデルに掛ける声のでかい者勝ち、

気後れしている奴は素直に負けを認めて後ろに下がれという世界。

それがまた結構静かで理性的な秩序になっているのだ。

もとより他人の土地に三脚&脚立、4~5人分相当の領有権を存分に誇示して周囲を威圧した上に、

二言目にはマナー云々を垂れるより余程大人な秩序に見えるけどね。






satueikai201709_19671take1b.jpg

satueikai201709_19932take1b2.jpg






「両脇を締めて寄せる」 はカメラの構え方ではありません。






satueikai201709_19664take1b2.jpg






じいちゃん達は目線取りの声を掛けるだけではなく、ポージングへの「積極的指導」も。

先生役の女性プロカメラマン、「皆さんグラビア好きですねー!」 「あーこんな写真、奥さんに見つかったらー!」 「あー、そのポージングは際どい!、ダメダメ!」 


うるさい。





satueikai201709_20010take1b2.jpg

satueikai201709_19797take1b2.jpg






やっぱりこの子がダントツ人気ナンバーワン、可愛い系はもちろん何より表情豊か。

言われなくてもレンズの一本一本に目線を送る配慮はデキた子だ。

「うおー!」 「可愛いよー!」 「それだあ!」 「だっちゅうのー(古)!」 という応援でモデルを乗せるのも肝要なようで。

「婦人科」 の大ベテランとおぼしき、謹厳実直そうなじいちゃんが腕組みして 「この子は表現力が高い。」 なるほど。






satueikai201709_19945take1b2.jpg





女性参加者は当然と言えば当然だが構成比として3%位か。

これだけカメラ女子が増えているんだから 「イケメン水着撮影会」 とかあっても良さそう。結構来ると思うけどね、お忍びで。

あまりの男性中心+高齢化にニッコールクラブも悩んでいるようだが、今やカメラは介護用品とも言われる中、次の一手は必須かと。




satueikai201709_19937take1b2.jpg





ロシア系のプロポーションは凄いが、もう少し齢を食うと一気にボンレスハムみたいになるんだよなあ。

騙された!とロシア男はもっと怒るべきだと思うぞ。





satueikai201709_19577take1b.jpg





序盤は気後れしていた風太郎の目線取りもエンジンが掛かって来ましたよ。





satueikai201709_19874take1b.jpg

satueikai201709_19512take1b.jpg

satueikai201709_19987take1b.jpg

satueikai201709_19895take1b2.jpg





今回のお勉強は 「シビアなピント」 を改めて見直したくなった事。

無限遠ばかりの鉄道撮影では退化してしまうその部分だが、こういう写真はそうはゆかぬ。

無闇に絞りを開けて背景をボカせばいいというものでも無く、極薄のピントにあちゃあというカットも多数。

何よりポージングによって必要な絞りは変わるし、ピント位置を含めて 「被写界深度の読み」 を瞬時に行う必要がある。

グラビアカメラマンはスケベなら勤まるとは思っちゃいないが、その技の深遠さを再認識。

今回初めてピント位置をカメラ任せにするモードを試してみたら、ピントは必ずブラに食いつくんだよなあ。

コントラストに吸い寄せられるのだろうか、そこだけピンポイントフォーカスした写真多数は困る。





satueikai201709_19851take1b2.jpg

satueikai201709_19828take1b2.jpg

satueikai201709_20062take1b2.jpg





「◯◯ちゃーん」 「可愛いー」 「もうちょっとだけー」 と追いすがる連中に最後の笑顔を振りまいて撮影会終了。

このモデルさん、追っかけも大分出て来そうです。

パーベルのようなナナニッパを振り回す事3時間、カット数約800。

「婦人科」 の名医からすればツッコミ所満載なんだろうけど初診者としてはこの程度だろ。

最後は腕がプルプルつりそうになっても、あー楽しかった。 いやいやあ。





satueikai201709_20021take1b2.jpg

satueikai201709_20072take1b2.jpg





HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2017/09/21 20:18 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(8)