画角の気配

蒲原鉄道 大蒲原駅ベンチの老婆2 198年 月 日 16bitAdobeRGB原版take1b

   蒲原鉄道 大蒲原   1984年





故真島満秀氏の急逝直前の書簡というのを読んでいたら。

「28mm~90mmの画角がつくる視界、それがかもし出す四季、人の気配、人の有様を新しい概念にして、心情に素直に鉄道を見る方法もなかなかの目線、一計と感じています。」

真島さんといえば超望遠レンズによる圧縮、単純化された絵作りの権化のように感じていたから意外な言葉の様に感じるけれど、

実際シリーズ物としては遺作となった「街と人 東京駅前ストーリー」は28mmのエルマリートを付けたライカ撮りだったそうだから、

氏が最後に帰りたかったのは此処だったかと感慨がある。

カメラに残された生涯のラストショットとされる1枚も神田の夜のガード下を広角で捉えたものだった。


入門書の解説ではないが28~90mmというのは人間が漫然とモノを見る視界から何かに関心を引いた時の少し狭い視界そのものであり、

いわば写真の作為を感じさせない、ごく自然な「見たままの」画角といえる。

私達のごく身近なところで息づいている人々やモノたちが醸し出す気配は、そんな人間サイズの視点のなかに宿ると言われれば素直に頷けるところがある。

しかし残念ながら昨今の鉄道は省力化に対応した標識類の乱立やら、パッチワークのように貼り込まれたポスター類やら、

絵的に見れば余計なものが多くなり過ぎた。

それらを画角の外に追いやるにはいきおい望遠系の切り取りが主体になってしまうのも忸怩たる想いではある。

不肖風太郎も最後には人間サイズの画角に帰りたいと思う。



写真はお祭りのポスターも貼られた大蒲原の夏。

朝市帰りなのか担ぎ屋のおばあさんはうたた寝してしまったようだ。

レンズはズイコー28mmF3.5。

ムラのランドマークをいまだ主張するような高い天井まで取り込んだ画角は、

草いきれに淀んだ真夏の空気や往時の賑わいの気配をも伝えて在るだろうか。







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/02/17 20:11 ] 写真道具 | TB(0) | CM(8)

雪下駄到着

takadanobabaeki_12471b.jpg







アマゾンに注文していた「雪下駄」が年末ギリギリに届く。

昔だったら「ワカン」だがこれは踵が固定されていない「スノーシュー」だな。

昔は体力もあったし、どれだけ深いか分からない雪原に無謀な銃剣突撃の末に腰まで埋まったりしていたもの。

冬の北海道に行った時は後輩がワカン装備だったので先を歩かせて銀山の上とか登り、

その威力は実感していたのだが結局買いそびれており。まあ今更買うのもアレではあるが。

アルミ製でごく軽く、底には鋭いスパイク付き。確かにアイスバーンの上を歩いたら全くトラクションが無い訳だからスパイクは必要だよね。

本格的なものは数万円するらしいが、軽さと5千円しないお値段に惹かれて。

しかし軽い分大きさが小さいな、これで本当に「浮く」のかしら。昔とは体重も相当違うぞ。

値段相応のちゃっちい感じはしないでもなく、耐久性は全く未知数だな。まあ心配事は「実戦投入」の中で確かめるしかないね。


えっこんな下駄まで用意して何処で実戦なのかって?  それは内緒内緒。






HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2017/01/02 18:14 ] 写真道具 | TB(0) | CM(4)

Silver Efex Pro 2

kominato20140409_429take1b2.jpg

    小湊鉄道  上総大久保    2014年








前から使ってみたいけど有料だからパスとケチな風太郎も、無料化された途端に手を出すのはゲンキンなもの。

Google傘下の画像処理ソフト 「Nik collection」である。PhotoshopやLightroomにプラグインして使う。

いくつか入っているソフトのうち「Silver Efex Pro 2」はモノクロ処理に特化していて、なかなか個性的な絵を出す。

上の写真は下の写真に「フィルムノワール」という処理を施したもので、文字通り銀塩フィルムっぽい感じの演出。

フィルム毎の調子の違いまで再現するとの事で、「パナトミックX」から「ネオパン1600」まで選び放題である。

この写真はトライX調との事だが増感現像を失敗したような変な絵だなあとの違和感は否めず、

これでも大分普通っぽく効果を抑えている。

しかしまあ次から次へと変化する写真にはびっくりだし、

自分の写真に思いも寄らぬ新しい発見を求めるのもこの手のソフトとの付き合い方かもしれない。








kominato20140409_429take1b.jpg








(写真展漫遊録)


konika1.jpg



新手の女子鉄かと思いきや。

通勤で使う西武新宿線の車窓に流れる幻夢。

窓外に在るがままの現実と、多分ガラスの反射に映っているであろう自身の現実の刹那で朧な交わり。

気付かぬだけで鉄道は摩訶不思議な時空の中を走っているのかもしれない。


新宿のコニカミノルタプラザが来年1月で閉館との事。

カメラ事業終了から10年経過し、映像文化・芸術への貢献の役割は十分に果たしたと。

3つの展示スペースを抱え、いいギャラリーだっただけに残念。

コスト食いは分かっちゃいるが、発表の場があってこその映像文化、文化あってこその映像商売だ。

ハードのみならず、結構儲けているはずのソフトメーカーあたりの英断も期待したい。






HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2016/10/23 23:52 ] 写真道具 | TB(0) | CM(4)

TENBA  P595

_9891b.jpg







その昔「鉄系」のカメラバックの定番と言えば「銀箱」で、頑丈なアルミ製のそれは踏み台に使えるというメリットもあれど、

いかにもカメラ在中というものものしさは、ちょっとオシャレじゃないなあという感覚もあって。

その点なんとも格好良かったのがTENBAのP595で、報道系カメラマン御用達の超定番。

混乱する取材現場等で金属製バックでは周囲に怪我人も出すだろうから、こんなソフトバックが良かったのかも知れない。

しかし純プロ仕様とも言える構造にはなかなか唸らせるところがあって、生地は防弾チョッキと同じ素材というからどこまでスパルタンなんだ。

ショルダーベルトの造りとかちょっとやそっとでは傷まない拘りがあって、地面を引きずり回すような過酷な現場で愛用されたのも分かる。

問題は価格で確か3~4万円という見事なプロ価格には手が出なかったものの、

かつての憧れのバックが中古屋で5千円位で投げ売られているとなればゲットしない訳にもいくまい。

(昔のTENBA価格だって女性の欲しがるバックの法外な価格に比べれば可愛いものと思うが、

女性サイドから見てこのヨレて埃の溜まったバックに5千円払う男の嗜好も謎だろう。げに男と女の間に流れる河は深い。)


中古市場ではたまに見かけるものの、「現場ユース」の跡も生々しい補修だらけのものはさすがに敬遠するし、比較的程度も良かったので。

(それが格好いいからとぼろぼろの奴も根強い人気があるらしいが。)


初期型は防弾チョッキの生地が服と擦れて穴が開いたという困った事象まで起こしたようだが、

それより後のこれは体側に滑らかなナイロンが貼られてそういうトラブルも無くなったそうだ。



_9892b.jpg




象徴とも言える上ブタの「洗濯バサミ」式の留め金は一見すると使い辛そうだが、咄嗟の開け閉め、特に開けの際のスピードは髄一ではないか。

このあたりがいかにも現場で鍛えられました感があって惚れてしまう部分だし、やっぱり風太郎はジャーナリズムフォトの香りに弱い所がある。

しかしそこはあくまで銀塩時代のバックであって、最近のマッチョな交換レンズ群を納めるには特に深さが足りない点が厳しい。

大量のフィルムを詰めこんだはずの外ポケットは、クッションも無いのでデジタル時代には使い道に窮するところもある。


でもまあこういうモノは気分でもあるから、ヒガハスとかのお気軽日帰り撮影限定で持ち出す事が多い。

三脚の嵐の前で、どうだ分ってるだろーと自慢したい気も無くは無いが、ちっとも関心を持たれないのは悲しい。

時代に置いて行かれつつある名品にはやっぱり銀塩機材が似合うだろーと、やっぱり投げ売りを買い叩いたF2フォトミックと

ケチケチ買い集めたジャンクレベルの古ニッコールと共に記念撮影。



_9887b.jpg





HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2016/07/25 21:30 ] 写真道具 | TB(0) | CM(10)

デュープでGO!

micro55mm原版_1134take1b

     蒲原鉄道  大蒲原    1983年     原版 Kodak Tri-X






銀塩時代を長く過ごした者にとってはフイルム資産をどう保全していくかは長らくの課題である。

風太郎所蔵による30年以上前のポジもネガもカビの類は見られず、所謂「ビネガーシンドローム」とも無縁なのは幸いだが、

実は心配性の風太郎としては地震火事の類で一気に失われるリスクもつい考えてしまい、

データとしてギュッと濃縮出来るデジタル化への関心は尽きないところである。

そのための手段として大分昔にブローニーまで読めるミノルタのフイルムスキャナー「Dimage PRO」を導入し、

大部分のデジタル化は完了しているのだが、いかんせん古い機械で今やメーカーも事業撤退してるし、

ドライバーはXPしか対応していない有様、後述する問題も無くは無いとあっては今一度とっておきのカットだけでもやり直しできないかと。

デジタル一眼が高画素化される中で、いっそこいつで「複写」してしまえばという想いも持ちつつ踏み切れないでいたところ、

「わが国鉄時代 vol.7」の特集としてまさにデジイチで複写する「諸河久方式」が紹介されているのを見れば、俺もやったろうかと。


レンズはマイクロ55mmF3.5というお誂え向きなのがある。

加えて手持ちのガラクタ、組合せレンズフードやらフイルター枠やらシートフィルター用のホルダーやらを組み合わせて、手製の「デュプリケーター」をでっち上げた。

このレンズは1/2倍までしか寄れないから間にかませる中間リングも調達して準備完了。








micro55mm原版_1141take1b





早速試写。

フイルムの平面性はガラス板でキープし素人工作の割には大丈夫なようだが、念のためf8まで絞り込み、ライトボックスを光源にして撮る。

SSはかなり落ちるが、この「デュプリケーター」はフイルムとレンズが完全に一体化しているのがミソなので、

作業効率上一応三脚は使うものの、実際は「1秒間の手持ち」だって微細なブレさえ皆無である。


ウィィーンが長いスキャナーに対し一瞬で終わる効率性は当然ながら、肝心の画質はどうなのか。

フイルムスキャナーもなかなか大した物で、コダクロームのごく微細な粒子さえ読むが、

その点マイクロニッコール+高画素デジタルもさすがで、解像力については同等かそれ以上。

階調再現やS/N比については明らかに「複写」の方が上だ。これは十数年間に日進月歩のセンサー性能の違いとしか言いようがない。

またスキャナーは機械内部でのデジタル処理がブラックボックスで、何となく「作った絵」が出て来る感じ、平たく言えば「最初からデジタル臭がする」のだが、

RAW撮りのカメラが吐き出す画像は素直で、ソフトによる後処理もコントローラブルだからその点も大きなアドバンテージだ。

唯一の泣き所は当然ながら「ゴミ除去機能」がない事で、これは余程念入りに吹き飛ばさないと事後修正に泣く事になる。

とっておきの一枚向けのスペシャルとも言えようか。何にしてもこのデュープ作戦、侮れない実力である。

試しにプリントしてみたら、最も尖鋭度が高いと思っていた昔の「ダイレクトプリント」に一歩も引けを取らず、

階調表現はレタッチまで入れれば全然こっちの方が上だから感動。


何より嬉しいのは、スキャナーの場合ホルダーに隠れてしまう「フイルムのパーフォレーション」までフレームに入れる事も出来る点である。


今や遠くなった銀塩と古き良きローカル線の時代。

フイルムの巻き上げ音と、その瞬間の胸の高鳴りまでが蘇る。








micro55mm原版_1130b

    津軽鉄道 川倉    1982年     原版 Kodak Kodachrome KR






HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2015/05/29 22:30 ] 写真道具 | TB(0) | CM(6)