最果て鈍行

sohya13.jpg
   宗谷本線  兜沼   1981年


旭川~稚内間を延々8時間近くかけて走る宗谷本線321列車は、上りの324列車と共に「最果て鈍行」

と呼ばれていた。特に幌延以北は、漠々たるサロベツ原野の只中を行くから、「さいはて」の名がいよ

いよ似つかわしかった。

編成は、SL時代から変わらぬ座席車2両に荷物車1両、郵便車1両。この頃、鈍行列車は人だけでなく、

生活物資から便りまで詰め込んで最果ての地に届け続けたのだ。


午後6時を回り、さしもの夏の日も傾いた頃、牧場の彼方を夕日を受けて通過する321列車。

この頃、「広角レンズ」なるものを手に入れたが使い方が分からず、やたら散漫な構図の写真を量産

していて後悔しきりなのだが、これももう少し撮りようが、とも思う1枚。

でもこの写真を見てミレーの「晩鐘」を思った、という人がいて、ライティングからの連想かも知れ

ないが、少し救われた気がしたもの。



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト