風太郎の 「エピソード0」 その1

aizukawaguchi1.jpg
只見線  会津川口  1979年


風太郎の本格的なローカル線巡りの旅と撮影が始まったのは1980年以降だが、その1~2年前から

ポツリポツリと鉄道にカメラを向けていた。しかしその当時は家にあったクラシックカメラだの、

果ては借り物カメラまで持ち出して撮っていた位だから、出来た写真はお粗末限りなし。当時から

渋いローカル線に憧れていた事は伺え、ありきたりな列車写真に一石投じる意気はあったようだが、

共通項は「何を撮りたかったのか分からない」。


まあ古いだけが取り得だが、「エピソード0」として何回かに分けて並べてみる。


最初は1979年夏の只見線、会津川口。交換の合間に撮ったらしい。この当時はまだまだ気動車標

準色が残っていましたな、というだけの写真。

真ん中に立っている、この当時でも珍しい「チューリップハット」のお兄さんに味がある。

2枚目も同駅での解結作業。ここで後ろ半分を切り離して小出に戻していたのかもしれない。

キハ20とキハ55の取り合わせと思うが、この当時の只見線のデコボコ編成ぶりは凄かった。

バックの川の緑色と気動車カラーの取り合わせに美的なものを感じたのかな。

「標準色」と「急行色」の微妙なクリームの違いなど、模型の参考にはなるな。


aizukawaguchi2.jpg


これらの写真は夏休みを使った初めての一人旅の途中。

カメラは友人を拝み倒して借りた、オリンパスOM1+標準レンズのみ。


「鉄」や「写真」がどうこうより、狂おしいほど「旅に出ること」に憧れていた頃。




「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」



スポンサーサイト



[ 2012/03/20 16:13 ] 昔の旅 東北の国鉄・JR | TB(0) | CM(2)