風太郎のエピソード0 その2

chichibu4.jpg
  秩父鉄道  三峰口  1978年



前回の続き。

これは1978年の秩父鉄道。風太郎が初めて「鉄道」にカメラを向けた時の写真。

最初が秩父鉄道というのも渋いチョイスだが、走っている電車も渋かったね。


カメラは家にあった「ヤシカリンクス」という奴で、1960年代のモノらしい。

ヤシノン4.5cm F1.8 なる固定レンズが付いたレンジファインダーで、定点合わせ式の露出計

も付いていた。こういったスペックも後で調べたもので、当時はカメラの知識はほぼ皆無。

後で見れば解像が甘いレンズだが、だいたい自分でフイルムを詰めたのがこの時初めてだっ

たのだから贅沢は言えない。(^^ゞ


しかし最初からリバーサルで撮っているのが面白いところで、フジクロームRD。

34年の時を経てさすがに変褪色があるようで、デジタルレタッチで色が蘇った。


写真のデキはともかく、窓の明かりにかざして見た「スライド」の美しさに魅せられたのが、

その後の写真と風太郎の長い付き合いの原点だったように思う。



chichibu3.jpg

chichibu1.jpg



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト