駅の賑わい

nishichibiki1984011b.jpg
   南部縦貫鉄道  西千曳   1984年


夕方の列車なのだろう。雪に埋もれた駅のホームも家路を急ぐ高校生達で一杯だ。

人の多さはその鉄道が背負う役割の大きさであり、その地域の活力の証しでもある。

人の気配が感じられない鉄道ほど寂しいものはない。



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト