鉄道の村 音威子府

otoineppu1b.jpg
   宗谷本線  音威子府  1988年


「村立音威子府小学校校歌」

汽笛の音は知恵を呼ぶ 文化の香り運び来て

強く正しく朗らかに 素直な子らと伸びゆかん

我らの励む音威校


ちなみに「音威子府中学校校歌」はこう来る。

緑の谷間を縫ってくる 3つの鉄路の中心地・・・。


校歌といえば、地元の山河や風物を歌いこむのは普通だが、ここまで「鉄道」を意識した歌も珍しいだろう。

中学校の「3つの鉄路」とは、宗谷本線の上り側、下り側、天北線を指していると思われ、もう世界の中心は

音威子府と言わんばかりである。


音威子府は「鉄道の村」として生きてきた。

天北線が分岐する他、名寄以北のいよいよ人跡薄い地にあって、給水・給炭等SL時代は補給拠点となった。

貨物ヤードには道北の農林海産物を満載した貨車が溢れ、貨物列車の組成作業のため構内は深夜でも煌煌と

ライトが灯り、不夜城のようだったという。


また塩狩峠の急勾配と並び、宗谷本線の難所とされたのが音威子府の豪雪である。サロベツ原野を吹き渡った

雪雲が天北山地の山々にぶつかって、この地に大量の降雪をもたらし、積雪3mを越すのも珍しくなかったと

いう。この難所に対処するため保線関連の施設も大規模だったのだが、かつて除雪車両も未発達だった頃は多

くを人力に頼らざるを得ず、この北の要衝を守るため、正規の職員の他に「除雪人夫」が大量に地元から集め

られた。村では雪が降ってくると「金が降って来た」と大いに喜んだものらしい。

最盛期、村の全人口の3割は国鉄関係者だったという。


しかし、次第に衰退する鉄道輸送は天北線を失わせ、輸送拠点としての音威子府の地位は極度に低下した。

また国鉄時代のおよそ経済性を度外視した施策は、JRへの移行という歴史的な転機において様々な矛盾

を噴出させる結果となる。JRへの不採用を巡り勃発した「音威子府闘争」と呼ばれる峻烈な労働争議は、

牧歌的なこの村を永く揺らす事にもなった。


あれほど居た「国鉄職員」はいつしか村から消えた。


鉄道の村。その光と影の記憶は、今では地元の学校の校歌や、村役場前に誇らしく飾られた9600の動輪に

ひっそり封じ込められているようだ。


7月の写真展「沈黙の冬 音威子府」での展示作品は、ネイチャーフォトが主体になるけれど、

「鉄道の村」へのオマージュとして、宗谷本線の写真も数点入れるつもり。


既出の写真ですが。


ottoineppueki1.jpg
   「沈黙の冬 音威子府」より  「音威子府駅」


sarobetsu1b.jpg
    「沈黙の冬 音威子府」より  「サロベツ通過」



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」




スポンサーサイト



[ 2012/07/04 23:37 ] 音威子府 | TB(0) | CM(4)