津軽の空

tsugarukanagiaki19831b.jpg
    津軽鉄道  金木  1982年



風太郎は都会のコンクリートジャングルで生まれ育ったためか、

「大きい空」には無意識の憧れがあるらしい。

空に列車が溶け込むような津軽鉄道はそんな風太郎の心の琴線に触れるのか、

ついつい似たような構図の写真を撮らされてしまう。

夏の空、秋の空、冬の空、皆違っていくら撮っても飽きないが。


これは晩秋の空。風が冷たくなって来た。




「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」





スポンサーサイト