太宰治 「津軽」 を旅する  その4    芦野公園

tsugaruashinokouenfuyu1b.jpg
    津軽鉄道  芦野公園   1983年



「窓から首を出してその小さい駅を見ると、いましも久留米絣の着物に同じ布地のモンペをはいた娘さんが、

大きい風呂敷包みを二つ両手にさげて切符を口に咥えたまま改札口に走って来て、目を軽くつぶって改札の

美少年の駅員に顔をそっと差し出し、美少年も心得て、その真白い歯列の間にはさまれてある赤い切符に、

まるで熟練の歯科医が前歯を抜くような手つきで、器用にぱちんと鋏を入れた。少女も美少年も、ちっとも

笑わぬ。当たり前の事のように平然としている。少女が汽車に乗ったとたんに、ごとんと発車だ。まるで、

機関士がその娘さんが乗るのを待っていたように思われた。こんなのどかな駅は、全国にもあまり類例が無

いに違いない。」


  太宰治「津軽」より



長々と引用したのは、作中、津軽鉄道を一番生き生きと描写した場面と思うからで、これは芦野公園駅だ。

金木の町長が上野駅で芦野公園行きの切符を求め、そんな駅は無いと言う駅員に30分も調べさせて手に

入れた、という逸話も紹介されていて楽しい。初夏の陽気の中、開け放した窓から駅を眺める太宰と、

戦時中とは思えぬ牧歌的な情景が目に浮かぶ。


さてこの時、太宰や切符を咥えたお姉さんはどんな列車に乗っていたのか。手持ちの資料をひっくり

返せば、日立製の35t1C1タンクロコが戦後まで在籍していたようで、昭和5年の開業時に入線と

あるから牽引機はこれに違いない。客車は国鉄払い下げの木造ボギー車が入ったのは戦後の事で、

この当時はオープンデッキの木造二軸、いわゆるマッチ箱がぶら下がっていたようだ。おまけは

やはり木造のワフあたりか。想像しても涎が出そうだ。


芦野公園は金木の町はずれの行楽地だったようで、駅構内には桜並木が植えられ、これは現在も

健在なようだが、駅は1980年代には既に無人化されて久しく、寂しく雪に埋もれていた。

またここから川倉までの築堤は金木に負けぬスケールで、小さな列車を大空の中に溶け込むように

捉える事が出来た。


太宰列車には及ばないが、長閑な混合列車が雪原をゆるゆると渡っていく。




tsugaruashinokouenhome1b.jpg
    津軽鉄道  芦野公園   1984年




「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」



スポンサーサイト