30年目の「津軽」  その4  驫木駅

gono20130118-19_017take1b.jpg
   五能線  驫木駅   2013年1月



列車がAIRしか望めない以上、駅撮りしかないと切り替え。

建具の変化はあれど、この駅の佇まいは変わらないね。

寄せる波濤も、吹き荒れる強風も、この駅の一部。

30年の時を超えて昔に帰れる場所。

狂電関人さんをモデルに使わせてもらう。背中が泣かせる。



bgono20130118-19_050b.jpg

gono20130118-19_045take1b.jpg


深浦駅前も歩いたが、かつての定宿「山本旅館」を探したものの、跡形も無かった。

素泊まり2,500円。いろいろ思い出が詰まった宿だった。

日も暮れたので今日の宿、艫作近くの「ウエスパ椿山」ヘ。

親父二人で何だが、コテージに泊まる。素泊まり4,000円と負けずに格安。

季節柄、お客の姿は薄かったが、素朴なホスピタリティがあって温泉大浴場も快適。

第三セクターの運営らしい。地域の雇用創出に貢献大なのだろう。

五能線のベースキャンプとしてお勧めする。


風呂も入って焼酎も回り、リタイアしたらこの施設に住み着いて毎日五能線を撮る、

いや待て、待て、キハ40がそれまで残るか。そもそも五能線があるのか。

気炎を上げているうち前夜の夜行疲れで、落ちる。



「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」







スポンサーサイト



[ 2013/01/25 23:57 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(6)