飯山線 雪の譜  その2   県境をゆく

iiyama201302_063take1b.jpg
   飯山線  森宮野原   2013年2月



新潟・長野県境付近は、雪いよいよ深く、この鉄橋あたりが飯山線の白眉といえるだろう。

千曲川もここから信濃川に名前を変える。最長河川に相応しい悠々たる流れ。


キハ110はともすれば雪に埋没しそうな塗装だけれど、昨今のケバいだけの珍妙な塗装に

辟易する目から見れば、なかなかいい色にも思える。


線路は結構真下にあるので、この雄大な川景色を捉えようと思えば超広角レンズが必要になる。

以前、645判に微粒子が売りのT-MAXを入れてここで撮ったことがあるが、それと遜色ない

繊細なデジイチの描写にも魅せられる。




「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved




スポンサーサイト



[ 2013/02/22 20:55 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(4)