客車の歳月

sanin1981shanai1.jpg
  山陰本線  1981年



滑り止め、保温。ムク板の床材はごく実用的な目的でそこにあったはずだが、

一両の客車が過ごした歳月を、それは雄弁に語った。

染み込んだ油の匂い。コン、コンと響く足音。

五感に残る、「汽車旅」の思い出。




「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


スポンサーサイト