フィジカル

itoizawaasa5.jpg
   根室本線  糸魚沢   2012年



そろそろロケの血も騒ぐので梅雨の大井川でもと目論んでいたところ、数日前から足のくるぶしが痛みだし、

引きづり歩く事態になった。整形外科に駆け込んだところ、あっさり「痛風。しばらくかかるね。」との宣告。

この病気、「贅沢病」という有難くないサブタイトルが付いていて、痛がっている時は同情していたカミさんも

「肉食うな。ビール飲むな。」と規制に走り出す始末で、踏んだり蹴ったりである。


寄る年波と共に体のガタは避けられなくなっているが、ロケに出ればもう、大自然と対峙したフィジカルの勝負

である。健康体である事はもちろん体力・筋力がモノを言う。

ボディにナナニッパなぞ付ければ重量は2.5kg近く、構えていると腕がプルプルしてくるようではイカンと思

いつつ、いっそ売っ払って重さ半分の「F4」に替えようかしらなどと弱気の虫も起きて来るようではますます

イカンので、毎日腕立て伏せに腹筋運動とストイックなトレーニングもしているのだが。


写真は糸魚沢の例の場所。-20℃近い夜明けの冷え込みの中、2時間近くは粘る。こういう時思うのは今脳血管

がブチ切れたらどうなるのか、という点で、それも写真バカ一代に相応しい最後かも知れぬ。でも見ずに死ねるか

という鉄道風景はまだまだあるはずだから、健康管理は気を付けたいと思う。


何はともあれ痛み止めをもらってなんとか落ち着いているものの、足に爆弾を抱えている以上、出発信号機が開く

かは微妙である。さて。




DSCF0441take1.jpg



HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



[ 2013/06/28 20:10 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(18)