野趣! 鐘釣温泉

toyama201308_085b.jpg
   鐘釣温泉 「露天岩風呂」   2013年8月



東京の暑さから逃れるべく、カミさんと共に避暑。前から行ってみたかった黒部立山方面へ。

まあ行くところが行くところなので、さっそく「黒部峡谷鉄道」。762mmゲージのトロッコ列車

に揺られて、これも前から気になっていた秘湯・鐘釣温泉に泊まる。

この温泉に通じる道路は無く、鉄道のみが交通手段。つまりここで暮らす人の生活物資は、全て

鉄道で運ばれてくる。



toyama201308_009b.jpg

toyama201308_102b.jpg




黒部川沿いの「露天岩風呂」が売りなのだが、案内されて仰天する。

河原の岩場にある「穴」がそれで、周囲にあるのはビニールシートで覆った脱衣所のみ。

河原に降りる手前にゲートがあって夕方以降は観光客等シャットアウトされ、事実上プライベート風呂になる。

旅館などなく粗末な湯小屋のみの「秘湯」はあちこちで体験しているが、一応温泉旅館のオフィシャルな浴室

がコレは前代未聞である。ちなみに旅館内の内湯は「ありません」という潔さ。先日の豪雨で地下水が上昇した

のか湯量が増えてラッキーですよお、としゃあしゃあとしたものである。




toyama201308_045b.jpg

toyama201308_042b.jpg



ようは河原から湧き出ている温泉が溜まるようにしただけで、砂地の底から熱いものが出て来るが、

湯温は40℃と適温である。奥の方はやっと背が立つ位の深さがある。やや硫黄臭のある単純泉。

野趣溢れる物凄い温泉だが、深山の緑とたっぷりとした湯の恵みに抱かれれば、浮世を忘れそうだ。

もちろん混浴。一人で入るよりはマシとカミさんも観念する。大自然の中、野猿の夫婦。




toyama201308_058b.jpg
  カミさん撮影。カメラ落とすなよ!





toyama201308_068b.jpg

toyama201308_061b.jpg
  素朴な湯宿



HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright(C)2011  FUTARO1980. All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



[ 2013/08/11 13:57 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(10)