怪しい中年撮鉄団 津軽遠征  その12    此の地に在りて

tsugaru20140131_079take1b.jpg

tsugaru20140131_075take1b.jpg

tsugaru20140131_071take1b2.jpg
  津軽鉄道  大沢内    2014年1月



吹きさらしの津軽野に身を寄せ合うような大沢内集落の中にある。

改札口の前にさらにガラス戸があるのは、冬の季節風を凌ぐためであることは言うまでもない。

かつては委託駅員のおばちゃんが一人頑張っていて改札口に立ち、

重い貨車の引き戸をエイヤと開けては小荷物を積み込んでいた。


時は流れ人の気配が消えた駅のガラスを、これだけは変わらぬ小雪交じりの風がカタカタ鳴らし続ける。

故郷の駅は、今も此の地に在りて。




HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[ 2014/02/27 21:07 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(8)