小湊鉄道  花暦   その11     アーティスティックな保線小屋

kominato20140409_189take1b.jpg
  小湊鉄道  月崎    2014年4月



月崎駅本屋の脇にある古びた保線小屋はもう使われていないようだが、

内部とかどうなってるんだろうと前から気にはなっていた。


小湊沿線では5月まで「ICHIHARA ARTMIX」なる芸術祭が開かれており、

月崎の保線小屋も何やらアートに変身したらしい。題して「もりらじお」。

入口に詰めている作者に「拝観料」300円也を払い、中に入るなり慌てて取って返す。

「し、写真撮ってもいいんすかあ!」


撮影自由という事で心置きなく撮ることが出来た。

アートとしてのコンセプトは、森に建てられた小屋の中で自然の声を聴くというものらしい。

天井に開けられた天窓からは春の陽光が差し込み、内部に無数に置かれた古いラジオからは

鳥の囀りや川のせせらぎが聞こえてくる。



kominato20140409_206take1b.jpg

kominato20140409_201take1b.jpg



アート化はされても、保線小屋に閉じ込められた遠い昔の記憶を生かした演出がされているのが良し。

並んだスコップ、ヘルメット。壁にはズバリ「働」の文字。

古い写真はかつて月崎駅にまだ駅員が居た時代の情景と思われる。50年を遡る時間。

暗がりを照らす光芒が印象的なのは、隅にスモークを発生させる装置が仕組んであるからなのだが、

奥には一服付ける日焼けした肌の保線区員が腰かけていそうだ。


作者の意図に添うのか知らないが、肉体労働の汗の匂いと、自然の中のしばしの休息の安堵が伝わってくる。

時間さえ許すなら隅の三畳程の畳に座って、いつまでも佇んでいたい空間。




kominato20140409_198take1b.jpg




HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



[ 2014/04/27 22:29 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(6)