「わ鐡」を偵察   その2      上神梅駅

watarase20140426_065take1b.jpg

 

上神梅駅は、ものの本によれば「ニッポン木造駅舎 東の正横綱」だそうだ。(ちなみに西は美作滝尾駅との事)

1898年、鉄道省停車場規定の駅舎標準図をもとに設計・建築され、昭和初期に増築されたものの、

建築当初の原型を留める駅舎は極めて貴重とされる。登録有形文化財、わ鐡の至宝とも言えよう。


全て わたらせ渓谷鐡道  上神梅     2014年4月



watarase20140426_073take1b.jpg

watarase20140426_043take1b.jpg




建物本体はもとより、建具類も木枠のガラス窓等、アルミサッシ化されることもなく今に至るのは実際奇跡だ。

駅舎内外にやたらベンチスペースが目立つのは、かつてここに腰を下ろす人がそれほど多かったという事か。

116年の時を超えた時代の遺産。




watarase20140426_025take1b.jpg




それでも時代の波は外から忍び寄っていて、何とも残念なのはホームの目の前にある「団地」だろう。これには萎える。

しかし、この駅にしばらく佇んでいて気付いたのだが、駅にやって来てベンチに腰掛け、本を読んだりスマホをいじったり

して時間を過ごす人が結構多い。列車に乗るのかと思えばいつの間にかいなくなってしまう。

まるで自宅の居間の様な安息を求めているのではないかと思う。古い駅に抱かれた、穏やかな時間。





watarase20140426_070take1b.jpg


watarase20140426_089take1b.jpg



HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



[ 2014/05/18 20:42 ] 最近の旅 関東 | TB(0) | CM(4)