ふるさとの終着駅  ローカル鉄道の旅

jingu20140804_001b.jpg

   「ふるさとの終着駅  ローカル鉄道の旅」  
    
    安田就視著   K.K.ベストブック社刊






「冬の北海道は殺人的な厳しさである。ひとたび自然の猛威が爪を立てたら、人も鉄道も駅もこんなちっぽけなものはひとたまりもない。

・・・・・筆者が訪れた時も一寸先も見えない猛吹雪であった。もう少し降ると道路にある鉄の門が閉まり、交通は一切遮断される。

そんな吹雪の夜、汽車の汽笛を聞くとき旅人達は、さいはての旅のもの悲しさを胸の奥まで感じることであろう。

北海道もここまで来ると、ああ遠いところまできてしまったのだなぁ、としみじみ思う。」

 ( 「稚内駅」より )


こんな一節から始まる本書は、筆者が1972年から73年あたりにかけて北から南へ全国の終着駅を回り、

写真と旅心溢れる文章で綴った紀行記である。

稚内もそうだが、自然が人間や鉄道にもっともっと厳しく立ちはだかるような時代だったのだろうと思う。

SLも普段着の姿を見せていた最後の時代。風土も人情も、「その土地らしさ」が色濃く残る日本の片隅の情景が、

一人の旅人の目線で綴られている。

筆者の安田就視氏は、現役SL時代の写真で名を馳せた大御所の一人。




jingu20140804_002b.jpg
  宗谷本線 稚内駅   渚滑線 北見滝ノ上駅    湧網線 湧別駅


jingu20140804_003b.jpg
  函館本線支線  上砂川駅


jingu20140804_005b.jpg




風太郎が本書と出会ったのは中学2年になったばかりの頃、学校の図書室である。

今思えばこんなローカル線の詫び寂びを吟ずるような本が中学の図書室にあるのも不思議だが、

それを夢中になって読み耽る中坊も渋過ぎではある。

世界は自分の身の回り半径数キロしかないような中坊にとって、見る写真や文章は別世界のように思えたし、

到底手が届かないオトナの居場所のようにも思えたけれど、紹介されている全国300駅はあろうかという「終着駅」、

オトナになったらこんな自由な旅の徒然にその全部に足跡をつけたる、という野望もふつふつと湧きあがり。

借りては返しを繰り返していたら国語の教師が貸出票をチェックしていて、「たまには別の本も読んだらあ」。

「生活の潤い」というテーマで日頃楽しいと思っている事を作文に書けという宿題が出たので、

近場のローカル線の日帰り旅行記を書いて出したら、件の国語教師の評は「枯れた文章だね」。

あれは褒められたのか、けなされたのか、今も分からないが、本書の語り口を真似たであろうことは想像に難くない。

どうしても手許に置きたくなって絶版寸前だったのを購入、それから40年近くを経た今も風太郎の本棚に収まっている。


振り返れば風太郎の旅は本書との出会いからその一歩目が始まった気がする。

その年の末、室蘭本線を最後のSL旅客列車が走った。

そんな時代である。


そうそう、その後300駅巡礼はさすがに無理だったが、津々浦々100駅以上は足跡を付けたから、まあ初志は貫徹としておこう。




jingu20140804_004b.jpg
  長井線 荒砥駅




HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



[ 2014/09/15 21:33 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(14)