北紀行  その3         朝の宇宙軒

hokkaido1201501_177take1b.jpg
   室蘭本線  有珠       2015年1月





翌朝はやっぱり何という事は無いユルイ朝である。

気温が氷点下いくかいかないか、というのは南極に行くような格好の風太郎にとっては拍子抜けもいい所だが、仕方あるまい。

撮り鉄さんは10名程、もっと凄い狂騒かと思っていたのでこれもちょっと拍子抜けだが。

「只今、長万部付近を走行中」と、どこで情報を仕入れるのか実況してくれる人もいて有難い。定時で走行中のようだ。


バックの朝焼けがきれいというのは想定外。露払いの475DがSカーブを駆け下りていく。






hokkaido1201501_182b.jpg





やがて背後の山から響く金属音。千両役者の揃い踏み。






hokkaido1201501_209take2b.jpg





hokkaido1201501_195take1b.jpg





hokkaido1201501_215take1b.jpg





hokkaido1201501_198take2b.jpg





hokkaido1201501_219take1b.jpg





通り過ぎるのはあっけなく。

大編成がうねうねと大蛇の如く身をくねらせる様も、この撮影地の妙味のひとつかも知れない。

予定通りの露出切り詰めでユルさを排し、「北辺の夜行列車」を演出したつもりですが。

「重連どアップ」が本命カットだったのだが、タマの長さが足りんなーというのも正直なところだし、

こうして見ると「大蛇の如く」のカットが一番好きかな。






HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



[ 2015/02/09 22:21 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(10)