北紀行  その8      山線残照③  小沢の跨線橋

hokkaido1201501_265take1b.jpg
   函館本線  小沢      2015年1月




枯れても小沢というところか。

この駅のシンボルともいうべき跨線橋は健在である。倶知安側の側面には変な化粧版が貼られて興醒めではあるものの、

木枠の窓も一部に残っているのは往時を少し偲べる。

無人化と共に建替えられた駅舎は撮る気も湧かないが、もともとそこには国鉄岩内線のホームがあった。今は寂しく標柱が立つ。

跨線橋の内部には「良い旅を 小沢駅職員一同」の添え書きと共に、盃温泉や雷電海岸など岩内周辺の観光地の油絵がそのまま残されている。

鉄路の要衝の記憶を宿した跨線橋は、しんしんと降り始めた雪の中で静かに時間を停めていた。






hokkaido1201501_294take1b.jpg

hokkaido1201501_342b.jpg

hokkaido2201501_089take1b.jpg

hokkaido2201501_109take1b.jpg





31年も昔の事となった、かつての小沢。

画面左隅には発車を待つ岩内線の気動車が見える。下り客車列車が倶知安峠を目指す。






函館本線 小沢 夕暮れ1 1984年2月 16bitAdobeRGB原版 take1b
   函館本線  小沢     1984年



HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



[ 2015/02/18 22:00 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(12)