山陰プチ撮りの旅  その2      長門市あたり

sanin201510_5349take1b.jpg

    山陰本線  長門市      2015年10月







長大な山陰本線の中継点にして、美祢線、仙崎に向かう支線が分岐する長門市駅は、

多分様相は一変したと思われる今も、どこか鉄道の町の残り香を感じさせる。

夜半まである発着と転線、留置に伴うタイフォンは夜空に響き、

寂れた駅前に似合わぬ「呑んべえ横丁」的なネオン街の妖しい灯りは、かつてのぽっぽや相手の名残りかと。


投宿した「長門ステーションホテル」は古色蒼然とした駅前商人宿の面影を残す。

とうの昔に記憶が飛んでいて思い出せないのが口惜しいが、ここに泊まった様な気がするんだよなあ、30年前に。

枕元まで流れて来るタイフォンの音色が、遠い記憶を呼び覚ますような。








sanin201510_5337take1b.jpg






秋の夜長を持てあまし、隣駅の長門三隅で交換を撮る。






sanin201510_5317take1b.jpg

   長門三隅




HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
[ 2015/10/29 21:05 ] 最近の旅 西日本 | TB(0) | CM(4)