奥会津 稲穂の香り  その9      安田民俗資料館

kanbara201509_4330b.jpg
    
     安田民俗資料館      2015年9月







馬下駅近くにある、噂の「安田民俗資料館」を訪ねる。

地元の篤志家が蒲原鉄道村松駅の旧駅舎やモハ51、各駅の駅名標などを収集展示するスペースとして開館、

貴重なコレクションだとは思うが、その後理由は不明だが「放置」されている。

最近では「心霊スポット」扱いまでされているようで、ご覧の通りの荒れようである。

並べられた駅名標が、まるで墓標のようで怖い。








kanbara201509_4302b.jpg


kanbara201509_4316b.jpg


kanbara201509_4297b.jpg


kanbara201509_4312b.jpg


kanbara201509_4310b.jpg


kanbara201509_4294b.jpg




蒲原に並々ならぬ思い入れがある風太郎としては、涙無しには見れぬ品々なのだが、これはあまりに残念である。

このまま朽ち果てさせるなら、高松の駅名標とか風太郎にくれないかなあ。

風太郎家の玄関先に設置して・・・・・ダメかなあ。


その後ここまで来たならと、これまで意識して避けてきた「蒲原鉄道廃線跡」を訪ねる。

これはまた涙涙のセンチメンタルジャーニーになるので、また後日稿を改めて。







HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



[ 2015/10/05 22:42 ] 最近の旅 東北 | TB(0) | CM(2)