太古の湖

kominata20140821_026take1b.jpg   

   小湊鉄道  上総大久保     2014年






「大久保」の地名は「大窪」から来ているのではないか、という説がある。

房総半島を九十九折に蛇行しながら流れる養老川は、今は穏やかな姿しか見せないが、

太古の昔は相当な暴れ川だったらしい。

大水は時に蛇行をショートカットし、蛇行部分は三日月湖として取り残される。

ここから見下ろす線路とそれを取り巻く田畑、上総大久保駅があるあたりは、

かつては巨大な三日月湖であった事が周囲の地形から類推されるらしい。

気の遠くなるような歳月をかけて落ち葉が堆積し、やがて湖は沼地になり、少し窪んだ地面が出来上がる。

それは肥沃な腐葉土で出来ている訳だから、その後この地に根付いた人間達は、そこを田畑として隅々まで利用した。

線路の傍らにある墓地の墓石には江戸時代の年号が刻まれているから、少なくともそれ以前の出来事である。


やがて鉄道がやって来る。

上の写真に見える築堤の工事は、小湊鉄道の社史によればかなりの難工事だったらしい。

それほど規模が大きい築堤でも無いのだが、地盤が腐葉土ならさもありなんである。


土地に悠久の歴史あり。

目を瞑ればキラキラと陽を照り返す、太古の湖のさざ波が見えて来るような気がする。









kominato20140409_039take1b.jpg
   
    






HPはこちら
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



[ 2015/11/23 14:02 ] 小湊鉄道・いすみ鉄道 | TB(0) | CM(6)