地鉄電車で駅撮り三昧  その11     駅の温もり

toyama201511_6436take1b.jpg

   富山地方鉄道  西魚津      2015年11月








いにしえの時代、荒野にレールを伸ばした実業家は意匠を凝らして駅をムラ一番の建物とし、その夢を託した。

駅という場所の特徴は、まずそれが極めてパブリックなスペースであるということだ。

ムラの玄関として誰でも自由に出入りできる場所、一人一人の日々の営みと共に在る場所、

そして旅立ちの場所でもあればふるさとに帰る場所でもある。

待合室のベンチは素朴ながら頑丈な造りが施され、丸く擦り減った木肌からはここに腰を下ろしたであろう幾多の人々の体温が伝わる。

伝言用の黒板からはすれ違いのもどかしさも伝わるが、此処が最も人と人が交差する場所であったことを今も語るようだ。

駅が無人となり、冷え冷えとした空気が支配するようになっても、そこかしこに人肌の温もりが残るのは、

此処に集った市井の人々の、日々の記憶が折り重なって刻み込まれているからだろう。


座布団はきれいに整えられ、造花ではあっても壁に飾られた花は一点の彩りを添える。

時代は移ろえど、駅はまだ此処に生きている。



( 地鉄電車で駅撮り三昧  おわり )







toyama201511_6440take1b.jpg

   西魚津

toyama201511_6012take1b.jpg

   早月加積   

toyama201511_6116take1b.jpg

   下段
  
toyama201511_5973take1b.jpg

   西魚津






HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2015/12/26 20:04 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(6)