北国街道 ふたたび   その5     浜焼き

出雲崎201601_7108take1b

     出雲崎    2016年1月








固く戸を閉ざした家が多い中で、開け放した戸口から香ばしい匂いを漂わせる家がある。

素朴な「浜焼き」の仕込みだ。

パチパチと真っ赤に燃えた炭火は、モノト-ンに沈んだ町の中にひとつだけ明かりを灯すようだ。

朝早い時間には終わる毎日の日課。

串の魚の名前は聞きそびれてしまった。










出雲崎201601_7105take1b






HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



[ 2016/02/04 19:48 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(6)