道東漂行譚  その2      パシクルの丘

dohtoh201602_7999take1b.jpg

    根室本線  古瀬     2016年2月






まずは古瀬~音別間の「パシクルの丘」あたりから始めようか。

夕方狙いの場所と定めていたのだが、初見参ゆえ偵察のつもりで。

何処に登るかはすぐに分ったが、なかなかアプローチが長く、運動不足の身にはそこそこ堪える。

音別側を望めばご覧の通りのスケール感で、線路は3~5km離れているから肉眼では見えぬ程。

以前見た真島さんの写真では500mmに1.4倍テレコンだったが、そんな大砲は持たぬものの、

300mmにテレコン、クロップからさらにトリミング、都合800mm位の画角でドッカーンだ。

下の写真は返す刀で同じ場所から撮れるパシクル湿原。

釧路湿原の真ん中程のスケール感がある訳でも無いが、

同じ列車でもおもむろにレンズ交換して間に合うのだから、北海道の悠々とした鉄道風景を堪能できる。


夕方の本命は夕陽がほぼ真後ろに回ると踏んでの事だったが、意外な程内陸側に沈む事が分って急遽変更、

保険と考えていた「音別の丘」に移動する。

でも良く見れば上の写真の彼方にその線路は見えてるんだな、10km先だけど。

何処までもでかいぞ、北海道。











dohtoh201602_7964take1b.jpg

    根室本線  古瀬







HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2016/03/06 18:36 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(8)