道東漂行譚  その5      サルルン

dohtoh201602_8280take1b.jpg

    釧網本線  塘路     2016年2月









次の列車まで30分位あるので「サルルン」に移動。

気温は-15℃、ここ数日この冬最高の冷え込みとの事だが、まあ南極でも行くように着込んでいるから平気である。

朝日が眩しい森を抜けて例の「三角点」まで登れば、遠く夜明けの色に霞んだ塘路湖の氷原に息を飲む。

手垢付き過ぎの上に昼間のベタ光線には食指が動かない場所ながら、早起きすれば全く違う表情が拝めるもの。

逆光にエグゾーストの尾を引くキハを見送れば、今朝のドラマもそろそろお開きである。

一服付けるかと取り出したペットボトルのお茶は、シャーベット状に凍っていた。















( 写真展漫遊録 )


dohtoh2201602_8737b.jpg


被災地で未だ見つからぬ我が子を探し続ける両親のドキュメンタリー。

逃げない写真は冷たく、強く、それ故に優しく。

銀座は15日まで。







HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2016/03/12 17:18 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(4)