道東漂行譚  その8       落石

dohtoh201602_8357take1b2.jpg

    根室本線 落石     2016年2月







午前中を塘路辺りで過ごし、そこから車を走らせて夕刻も近い落石に着く。

よく写真には見るが初見参。風太郎にとっては「本物を見ずに死ねるか」と思う鉄道風景のひとつ。

車で入れる場所から10分程度歩くと有名お立ち台に着くのだが、出迎えるは100頭以上は居ると思われるエゾシカの群れ。

遠目にウシの放牧かと思ったら(真冬にそれは無いが)、全部野生のエゾシカなのにはたまげる。彼らの王国に踏み込んでしまったようだ。

こんなところに人間一人、シカによってたかって襲われたら負けそう、と心細くなった頃、鉄ちゃん1名の先客あり。

これでシカに勝てそう、と互いに喜ぶ。


ニコン2台並びは珍しいっすねー、と言われるのでそんなもんかと思ったが、彼は昨日も来たのだと言う。

何でも昨日は滅法寒く、絶好のシャッターチャンスをモノにしたかと思いきや、

バッテリートラブルでシャッターが降りぬという憂き目にあったと、恐ろしい事を言うのでバッテリーをポケットにしまう。

風が冷たい。最果ての寂寥に満ちた地である。

宗谷本線の抜海辺りもそんな雰囲気はあるが、脇に道路が通るそれと違い、人里というより現世から離れてしまったような不思議な空間。


通過時刻、まずは挨拶代りの定番アングルといこうか。

またもや空は翳り始めて隣の鉄ちゃんは口惜しがるが、冷たい空気感が伝わるこれの方がいいんじゃないかと風太郎は思う。

次は本命の夕焼けショットっすよ、と鉄ちゃんは期待感満々だが・・・。







HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2016/03/17 20:43 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(8)