道東漂行譚  その9       落石落陽

dohtoh201602_8383take3b.jpg

    根室本線  落石      2016年2月







ここで撮られる写真はほぼ定番化していて、件のお立ち台からワイドレンズ、夕陽のギラリと共に、という奴。

それはそれで悪い絵では無いのだが、問題はちゃんと夕陽になるのかという点で、どうも雲行きが怪しい。

これは出ない可能性高しと踏んで、別アングルを探す事にする。

初見参の地で闇雲なポイント探しはババを掴む危険性も大だが、普通撮られないアングルを発見するワクワクも捨て難く。

鉄ちゃんに別れを告げて無人の荒野を線路方向に歩きだすのだが、ワイド狙いのこの地ではフレームインする可能性も高く、

空をバックに豆粒の様なシルエットになった鉄ちゃんと、頭の上に◯だの☓だの作って「交信」するというのもなかなか無い体験である。

案の定、夕陽はダメだが空が紅に染まる方向になかなかのアングル。定番のポイントはこのカーブを回った先を捉える。


しかしまるでたった一人月面に立つような、この「最果て感」はどうだ。

風太郎の写真ゴコロをビンビン震わせる鉄道風景にしばし呆然となった事を告白しておこう。

16時41分、ほぼ定刻に5638Dがテールランプの尾を引く。







HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2016/03/19 18:03 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(6)