火室

oigawa201405V1_054take1b.jpg

   大井川鐡道  C56の火室     2014年







火室内の温度は約1500℃、純鉄が熱で溶け出す融点とほぼ同じながら

周囲を水で囲まれているから溶けない、という話を聞けば、

蒸気機関車というメカニズムは実にギリギリなバランスの上に成り立っていると実感する。


蒸気機関車の戯画化も避けて通れぬ事情ありと分かっちゃあいるが、

素材の限界を試すようなメカニズムの驚異やら、五感を頼りにそれを操った人間達の技まで戯画に埋もれさせぬ事を、切に願う。












(写真展漫遊録)


9735b.jpg




もう大部分は終わってしまったが、「東京写真月間2016」の一環として、

「人と鉄路 心をつなぐ道」と題した鉄道テーマの協賛展が集中して開催されている。

新宿、品川と都心に集まっているので結局全部見てしまった。

好き嫌いはあるものの、4人の作家の個性や視点がそれぞれにあって楽しめるし、

東京写真月間なるものの趣旨は良く知らないが、少なくとも写真のジャンルとしてここまで市民権を得たかと感慨もある。


展示作品中、お立ち台とかじゃないのに、風太郎が以前拙ブログにUPしたものとウリ二つの写真があったのにはちょっとドッキリ。

少なくとも風太郎はマネしてないぞー、と一応弁明しておく (汗)








HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2016/06/07 20:12 ] 最近の旅 中部甲信越 | TB(0) | CM(6)