写真展メイキング④     タイトルバック

shashinten_9706take1b2.jpg







写真展の案内ハガキが出来る。


2,500枚印刷には仰天するが、うち2,000枚はニコンが各所に発送配布してくれるのは有難い。

都内各ギャラリーの開催案内にも貼られると思うが、世の中との最初のコミュニケーションツールはこのハガキだから、疎かには出来ぬ。

タイトルバックに使った写真はちょっと調子が硬過ぎが不満ながら、サイズが小さい程コントラストが高めの方が見栄えがすると思うし、

猛吹雪でもともと暗い天気ゆえ、雪の質感まで出そうとすると全体がグレートーンに沈んでしまうきらいがある。

なによりこの写真については極力明るいトーンに仕上げたい、というのが拘りとしてあった。



学生生活最後の冬、1984年の三菱石炭鉱業鉄道線、清水沢駅。石炭ストーブ積みの客車を連ねた朝の通学列車である。

この列車、ヤマからマチへ向かう高校生を満載しており、聳え立つリーゼントの「男」はよそ者に対するガン飛ばしに余念がなく、

写真はおろか目も合わせないようにしていたが、そのくせ近くの女生徒には色目を使う様は面白かったもの。

女の子はそれなりに可愛らしく、ちょっと都会的に洗練もされていて、飽きることのないおしゃべりで車内はとにかく賑やかだった。

降りてくる子は横顔しか分からないが色白な北国美人と思う。

彼らは皆、炭鉱関係者の子弟と思うが、年寄りばかりが目立つローカル線でこの平均年齢の若さと溢れるような活気は異質だった。



炭都夕張といえばむしろ重苦しいイメージが沈殿していたように思う。

1981年に起きた北炭夕張新鉱のガス突出・坑内火災事故は、なかでも悲惨な経過を辿って此の地に暗い影を落とした。

事故発生から5日を経過し坑内火災を鎮火する術が無く、この時点で生死不明の坑内員59名を地底に残したまま注水する方針が出される。

全家族の同意を取り付けた後実行に移された注水の時間にはサイレンが鳴り響き、全ての夕張市民が頭を垂れたという。

その現場はここ清水沢駅の目の前ともいえる場所である。覆い隠せぬ斜陽の影と、日常生活のすぐ隣にある、死の匂い。



その一方で製鉄用のコークスを始めとする石炭需要そのものは旺盛であり、良質な夕張の石炭への期待は小さくはなかったのも事実である。

近年になって開発された南大夕張炭鉱は最新の採掘設備と保安設備を備え、輸入炭にも負けぬ競争力を持つとされていた。

それは夕張の希望であったし、ヤマの若者の活気は、相応に恵まれた経済力と将来への展望にも支えられていたに違いなかった。

石炭を満載したセキは轟音をあげて行き来し、客車の車内はローカル線らしからぬ若さに溢れる。

夕張は元気だった。少なくともそう見えた。

先入観ではなく、行ってみなければ分からないその土地のリアルもあるという事を教えられた気がしたもの。



この撮影からわずか1年後の1985年5月、南大夕張炭鉱は突然の爆発事故を起こし、62名の犠牲者を出す。

絶対安全と信じられていた最新鉱の悲劇に関係者の失意は大きく、ここに100年にわたる炭都の歴史は閉じられ、鉄道もまた運命を共にする。

あれほど大勢いた高校生たちは、ごく短期間のうちに姿を消した。



その土地の土を踏まねば分からないという旅の記憶と共に、時代に翻弄される地方の刹那の光が写っているように思う写真は、

その後の運命も併せ風太郎にとって思い出深い一枚になったし、本展のタイトルバックを選ぶに迷いは無かった。


さてハガキも出来たし、ぼちぼち追い込みにかからねば。









修正A3 三菱石炭鉱業 清水沢1 198402 修正take3 純黒 調子標準 用b

    三菱石炭鉱業鉄道線  清水沢     1984年






HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2016/06/09 20:22 ] 写真展 | TB(0) | CM(12)