波の細道

hidaka1201310_353take2b.jpg

   日高本線  大狩部      2013年








心揺さぶられるのは、先人の鉄道敷設への執念。

九十九に折れた細道が、此処に戻る日は来るのか。












(写真展漫遊録)



9736b.jpg







また終わった写真展で恐縮だが、6/8までやっていた北井一夫さんの写真展「流れ雲旅」を見る。

写真は同時出版された写真集。

1970年代、漫画家のつげ義春さんらと、東北、長野、九州、文字通り流れ雲の様に旅して出会う、日本の片隅の素描。

銀粒子にたゆとう風景は二度と帰っては来ない遠い過去のはずなのに、

画面に生きる人々の体温や息遣いが、皮膚にざらつく感覚は何処から来るのだろう。


最終日の危ういところで間に合ったのだが、北井さんご本人が在廊していてお話し出来たのには感激。

写真事始めの頃に、鉄道写真というより北井さんの「村へ」など一連の農村ドキュメンタリーを見て、

ヨシ俺も旅に出てローカル線を撮ったると、一念発起したのが全ての始まりのようなところがあるから、

やっぱり風太郎にとっては特別な方なのだ。


地方が地方らしかったのはいつ頃までかと問えば、「バブルが大きかったね。あれで地方まで変わった。」







9737b.jpg







「真似になってない真似ですが・・・・」と自分の写真展の宣伝までしたら、「へえ、これは見に行きますよお。」と力強いお言葉。

(鉄道話になったら、客車内は撮ったけど蒸気機関車は撮らなかった、あれは勿体なかった、との事。)


まだ話し足りない事は多々あるし、本当に会場でお待ちしていますよ、北井さん。








HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2016/06/12 16:37 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(4)