虚ろな夏   30年目の蒲原鉄道     その1

kanbara201509_4336take1b.jpg

    蒲原鉄道 高松駅跡    2015年 






蒲原鉄道の主要部分といえた村松加茂線の廃止は1985年。

それから30年の月日が流れた事になる。

残りの村松~五泉間は1999年まで存続したのだが、

県道と併行し市街地をただ一直線に伸びるだけの同区間は写材としての魅力に乏しく、

風太郎の中で「蒲原鉄道」の時計の針は30年前で停まっている。


いかに土建屋王国新潟といえども、その痕跡を全て消し去る事は出来なかったらしい。


カネは無くも時間だけはあり余っていた学生時代を「人生の夏休み」とはよく言ったものだが、

そこにひとつの鉄道が息づく日々を光溢れる夏休みと遊んだならば、その記憶は今、虚ろに白んで此処に在る。


農道に形を変えても、二本の轍は変わらぬカーブを描く。

此処に鉄道ありき、と。








蒲原鉄道 高松駅ススキ2 1982年10月3日 16bitAdobeRGB原版 take1b

    蒲原鉄道 高松    1982年








HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2016/06/14 20:14 ] 昔の旅 蒲原鉄道 | TB(0) | CM(6)