虚ろな夏   30年目の蒲原鉄道     その4

kanbara201509_4354take1b2.jpg

    大蒲原付近     2015年







鉄道がない事以外に何かが足りぬと見回せば、独特な天日干しの稲架が消えたと気付くまで少し時間を要した。

それはこの地方を象徴する風景だったが、機械乾燥が主流になった今、役目を終えたに違いなかった。

頭を垂れた稲穂は変わらない。風が実りの香りを運んで来る。








蒲原鉄道 夏の大蒲原~高松 ハザ木1 198年 月 日 16bitAdobeRGB原版 take1b

   蒲原鉄道  大蒲原    1981年










(写真展漫遊録)


9739b.jpg




新宿ニコンサロンの「モノクロのブルース」を見る。

新宿は歌舞伎町の夜のゴールデン街を舞台にしたディープな光と翳。煙草とバーボンの匂いまで漂ってきそうである。

ハイコントラストと荒れた粒子は銀塩の増感撮影かと思わせたが、「全てデジタル、超高感度に設定してるので。」との事。

粒子と思ったのはノイズだったのね。デジタル表現も幅が拡がったもの。

このスナックとか相当通ったんでしょ、と水を向けると「まー、どっちも趣味ですからー」。

風太郎もゴールデン街の一角に潜入したことはあるが、ママとゲージツ論争になって店から叩き出されそうになったりで、

ここは魔境とあまり近づかないが。


申し訳ないが実は一番興味があったのが展示のライティングで、陰翳がテーマもあってかハロゲンのスポットだけを使っている。

黄色い色が乗りそうなのが嫌われてかこの会場ではあまり見ないが、風太郎も同様にしたいと思っていて、

前にも書いたがプリントの色味とのバランスがいかほどかというのが気になっていたところ。

で、作者とニコンの許しをいただいて閉館後の空いてる壁に持参のプリントをペタリと貼って様子を見る。

まあ、いいかという感じだったのでひと安心。


不夜城歌舞伎町の翳と、小さな駅舎の庇に灯った電球の翳。どちらも深く。







HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



[ 2016/06/20 20:34 ] 昔の旅 蒲原鉄道 | TB(0) | CM(6)