深名線 1981年夏

深名線1981年鷹泊ネガtake1b


深名線1981年幌加内ネガtake1b

    深名線   鷹泊  幌加内      1981年






銀塩フィルムの良さのひとつは、それがある種の絵巻物になっている事かと思う。

初めて北海道を旅する高揚もコマの間に封じられているようだし、巡る走馬灯のようでもある。

ホームに立つ駅員の白いシャツは眩しく、窓を流れる緑が目に沁みた。

気怠く長くそれでもとびきり自由な時間は、夏の日の幻の如く。







HPはこちら  URLが変更になりました
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト