温もりひとつ

蒲原鉄道 大蒲原駅ホーム11 1982年 月 日 16bitAdobeRGB原版take1b2

   蒲原鉄道  大蒲原    1982年








動力電源と付帯設備用の電源が共用されていた蒲原鉄道は、

送電時間中は常に構内照明が点灯していたように記憶している。

昼行燈の如く明るい時は目立たない白熱電球も、夕闇が迫るにつれその存在を主張するのだった。

黄色い光が、冷え冷えとした雪原に一点の温もりを灯す。








HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/11/30 21:38 ] 昔の旅 蒲原鉄道 | TB(0) | CM(4)