良いお年を

hokkaido2201501_112take1b2.jpg

   函館本線 小沢   2015年







緩くカーブしたホームは変わらずとも、不夜城のような往年の小沢を知る人には信じがたい景色かもしれない。

ディーゼルエンジンの響きも降り積もる雪に吸い取られ、夜の底に沈んでいくのだった。

テールランプの向こう、漆黒が深い。




今年最後の更新となります。

本年も大勢の方々のご訪問、有難うございました。

風太郎的にはやはり人生初めての個展が実現したのが本年最大のトピックスでありました。

準備から始まって終了後の虚脱期間?も入れれば、ほぼ丸一年がそれで終わったような。

それでも最初の個展が多くの人目に触れる場所、一番思い入れがある写真で出来たとなれば幸せの極みだったかもしれません。

写真を見て羨ましがられる事もありましたが、もう十年早く生まれていればという無い物ねだりはどの世代にもあるもの、

昔の鉄道の息遣いに今も触れることが出来るのは、それぞれの時代を生きた先達のそれを後の世に残す熱意と行動力があっての事。

それは鉄道と共に通り過ぎていった社会の在りようを映していて、とりもなおさず今現在の私達の立ち位置について問うものでもあります。


今年は地方ローカル線がいよいよ抜き差しならぬ状況である事を痛感させられる年でもありました。

私達は再び巡って来た鉄道の歴史の転換点を生きているのだろうと思います。

だからこそ次の世代に伝えるべきものを残すのは、今を生きる私達に課された大きな宿題のようにも感じるのです。


フィールドの撮影は体力勝負ながら年が改まる毎に肉体の老いを痛感するこの頃ですが、

万物への感動がある限り人は老いず、の先達の至言を噛みしめつつ。


来年もまたよろしくお願いいたします。

良いお年を。








HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2016/12/29 21:05 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(14)