「D」の記憶   その6     顔

karasuyama_12701take1b.jpg

    烏山線 小塙   2017年1月







風太郎はヨンマルという車型にもともと特別な思い入れがある訳でもなく、

そのパノラミックウインドゥはローカル列車にそぐわないように思え、

五能線辺りでキハ20系を駆逐するを見ればむしろ舌打ちする存在でもあった。

しかし当時は想像だにしなかったその後の車両デザインの「軽さ」は、ローカル鉄道が公共輸送の重みを失った象徴でもあるようだ。

鉄道車両といえばあらゆる機械のなかでも実質的な償却期間がケタ外れに長いものだったはず。

大切に手入れし使い続ければそれに応えた頑丈な車両は経営を助けるものであると共に、

時を重ねたものだけにある重厚な温もりを宿し、鉄路の抒情をつくるものでもあった。

最新デサインと技術を備えた新型も良い。しかしそれは数十年後も生き残り、時の評価に耐えうるものだろうか。


夕方の列車がやって来る。

こうして陽を浴びる様を見ればいい顔をしているように思う。

明日はダイヤ改正、こいつも今夜限りか。

数十年を走り続けたつわものを敬礼で見送りたい。








karasuyama_12707take1b.jpg

    小塙






HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/03/03 19:42 ] 最近の旅 関東 | TB(0) | CM(6)