屋台の味

kyushu201702_13604b.jpg

    博多 中州   2017年2月






どちらかと言えばA級よりもB・C級グルメの方が旨く感じる安上がりな風太郎としては、

中州界隈の屋台ラーメンを食わずに帰れるかという事で。

博多ラーメン700円。 もちろんトンコツだがスッキリ系。







kyushu201702_13607b.jpg





この界隈は屋台というより仮設店舗と言った方が実態に近い。

しかし深夜に営業終了すれば翌朝には何事も無かったかのように店が消滅するのがこの手の商売の節度というもので、

毎日繰り返される「店舗設置・解体」「店舗設備保管」の代行業が商売として存在している由。

地元っ子は近くのちゃんとした店に行くとの事だが、出張族で今宵も盛況である。

路上ステージに響くアコースティック兄ちゃんの歌声が川面に流れて消える。

やっぱり地元だけに皆「長淵 剛」に聞こえるな。






kyushu201702_13608b.jpg






超マイナーながら長淵が駆け出しの頃の「帰り道」とかが好きだな。 長淵流「神田川」。

♪ 大切なのは今生きている事

「八甲田」や「佐渡」の長い一夜に頭の中をグルグル回っていたのを思い出します。







HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/03/11 19:26 ] 街歩き | TB(0) | CM(8)