F2で遊ぶ      実弾発射

F2_15228take1b.jpg







家に籠っていじり回し、ニヤニヤしているだけでは本当にカメラ亡者のジジイになってしまう。

実戦派を旗印にする風太郎は当然フイルムを装填して実弾発射してみなければ。

やっぱり似合うのはモノクローム、それに似合うのは昭和の風景という事で、昨秋の足尾に同伴させていた。

大分お高くなったトライX36枚一本勝負で。レンズは全てAisニッコール28mmF2.8。

せっかくだからトリミングなしの完全フルフレームを自分に課してみた。






 全て足尾にて  2016年11月撮影





ashio2016111314_12204take1b.jpg

   古来の庚申信仰に神社の鳥居が加わり神は救い給う


ashio2016111314_12213take1b.jpg

   沈殿槽は時折ゴボゴボと音を立てる







正直に言おう。メッチャ使い辛えっというのが本音。

風太郎は普段絞り優先AEを基本にしているので、マニュアルにあっても絞りは固定、SSで露出調整するのだが、

シャッターダイヤルは右手で動かすものだし(この当時の大概のカメラはそうだが)、それがやたら高い位置にあるから

いちいちレリーズボタンや巻き上げから手を離し、左手だけで不安定にカメラを支えながら動かさなければならないのが非常に苦しいのだ。

こんなはずじゃあと思ってハタと膝を打つのは、以前使っていたOM1はシャッターダイヤルがマウント部にあるのが最大の特徴だった事。

つまり左手で絞り・SSの両方を変えられた訳で、レリーズ・巻き上げを担当する右手と完全分業が可能で実に合理的だったのだ。

浮気してゴメンOM1、やっぱりキミは正しかったと再認識するところだが、F2の使い手はそれこそゴマンといるはずだからどこかに秘技はあるのだろう。

俄か使いの風太郎がどうこうは100年早いと言われそうだ。どちらかと言えばSSを固定して絞りを動かすのが「作法」なのだろうか。


それはともかく。

フルフレームで撮るというのは後のゴマカシが利かない分緊張感がある。ファインダーの隅々まで確かめて被写体と静かに対話するような。

もちろん現像代も含めワンカット40円位というとんでもないコストだから、そういう点での緊張感もあるが。








ashio2016111314通洞_12202b

   断熱材代わりの古新聞の日付は1986年


ashio2016111314_12219take1b.jpg

   鉱山の中級社員の社宅


ashio2016111314_12210take1b.jpg

   クロームメッキの蛇口だけが妙に朽ちない


ashio2016111314_12217take1b.jpg

   板壁の紅葉


ashio2016年11月13~14日通洞 _12208take1b

   湧水です。ご自由にどうぞ。






やっぱりこの当時のカメラは妙に優しい昨今のそれと違い俺に合わせろ的な頑固者で、使い手に目を瞑ってもOKというような修練を要求するものでもあるのだろう。

デジタルとどちらがいいかと言えば、情緒的な評価は別としてアナログで撮るメリットはどこにあるのだろうというのが本音ではあるけれど、

ダラダラ撮り散らすのではなく、被写体ときちんと向かい合って一枚一枚を大切に撮るという原点にたまに戻る事も新鮮な体験である。

カシャンとレリーズ、グワシャッと巻き上げる感触は懐かしい。

濃厚な「昭和」がひっそり閉じ込められた路地の隅で、しばし「あの頃」に帰る時間。







ashio2016111314通洞_12206take1b
 
    「生活協同組合売店」跡


ashio2016111314_12215take1b.jpg

    役目を終えた沈殿槽



  



HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/04/06 20:11 ] 写真道具 | TB(0) | CM(6)