夕張物語 その3    幸福の黄色いハンカチ想いでひろば①

yubari_15951take1b.jpg






映画「幸福の黄色いハンカチ」の超有名なラストシーン、高倉健演じる勇作が帰って来る炭鉱長屋を使った記念館。

普通映画の公開から月日が経つにつれ関連施設も忘れられていくものだが、最近むしろ来場者が増えているそうな。

今や夕張最大の観光スポットである。

風太郎は8年位前に一度来た事があるのだが、夕張市の財政破綻の余波もあってか老朽化が目立ち、

劇中使われた赤いファミリアも埃を被った状態だった。

しかし10年間の再建努力が評価されてか国から補助金も出たとの事で、今春全面的にリニューアルオープンした。

ご覧の通り「長屋」は外観のみで、内部はブチ抜かれて大きな展示スペースになっている。







yubari_15954b.jpg






ここは夕張線の鹿ノ谷駅から少し清水沢寄りの丘の上、崖っぷちにある。

映画の撮影当時、本物の炭鉱長屋が建っていて人も住んでおり、外観の撮影はそのまま使われた。

崖っぷちの理由は、斜面の下から仰角を付けたアングルで黄色いハンカチを青空に抜きたかったからとの事。

実際高倉健が倍賞千恵子に鞄を渡すシーンでは下から仰角が付いている。

映画の完成後、住民も無人となり、モニュメントとして残そうという機運は盛り上がったが、

老朽化は著しく、結局元のイメージを残して建替えたものである。






yubari_15936take1b.jpg





もともとこの周辺は本当に炭鉱長屋がびっしりと軒を連ねていたらしく。

今は段々に整地された跡地が草生して僅かにその記憶を伝えるばかりである。

この集落に「床屋」があったというのも想像出来ないが、その建物が改装されカフェスペースとなっている。

「高倉健が愛したブレンド」というコーヒーを味わいつつ、撮影当時を知るおばちゃんの話を聞けば、

この炭鉱長屋の住人が高倉健と親しくなり、何故あなたは出番待ちの間さえ笑わないのかと聞いたそうな。

答えは「笑ったら、癖になるでしょ。」

素顔は陽気で快活な人だったらしいが、既にどっぷりと役作りに入っていたのだろうか。







yubari_16096b.jpg

yubari_15941b.jpg






ここを訪れた来場者がそれぞれの感想と願い事を貼りつけた一面の「黄色い部屋」は健在である。

勇作と光枝の家の再現は炭鉱長屋の中はこんなだったかと興味深いが、山田洋次監督のインタビュー映像が流されている。


「ひろば」のリニューアルに寄せて。


勇作が光枝の許に帰って映画は終わるけれども、二人の幸せ探しの旅はむしろそこから始まる。

そういう意味で物語はまだ終わっていない。

幸せのかたちはそれぞれに違う。二人にとっての幸せと共に今一度此処で想って欲しい、あなたらしい幸せの在りかを。






yubari_15950take1b.jpg






HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/06/17 20:14 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(4)