夕張物語 その4    幸福の黄色いハンカチ想いでひろば②

yubari_15943take1b.jpg







今回夕張に来た目的は、実は「自分の写真を見る」事にあって。


昨夏の写真展の後、夕張市の関係者からオファーがあって、案内ハガキの写真をリニューアルする

「ハンカチひろば」のキービジュアルにしたいとの事。

確かに夕張で撮った写真だし、当時の写真は何よりその土地に撮らせてもらったと思っているから、

ささやかでも地元のお役に立てるなら異論のあろうはずもない。ましてや夕張なら。

しかし映画を紹介する場所でしょ、あの写真は映画とは何の脈絡も無いのですがと疑問を呈したら、

そこには映画のストーリーを超えた想いがあるようで。







yubari_15944b.jpg








勇作と光枝の物語は終わらず、その幸せ探しは今も続くならば。

人の数だけ違う形の幸せが、実はごく身近なところにもあるはず。

この夕張の地で幸せが足りぬと嘆くより、今一度すぐ隣にあるかも知れぬONLY ONEの幸せについて考える場にしたいのだと。

市民から募集したそれぞれの幸せの瞬間を捉えた膨大な写真群と、炭鉱全盛期の夕張の記憶を伝える写真を重ね合わせた空間に、

夕張が若くて元気だった頃の一瞬を掲げたい、と聞いてようやくその意図を理解する。


2.5m×1.8mまで大伸ばしすると聞いて仰天するし、気持ち後ピンがいよいよバレるじゃないか、

35mm原版をD800で複写したデータをもってしてもピクセル補完必至、

シャドウからハイライトまでトーンを出すのが難しいぞ、写真展のハガキは無闇にカチカチだったしと心配は尽きぬところで、

念入りに調整した画像データを送ったものの、現物を見るまで気が気ではなかったのだが。








yubari_15923take1b.jpg







トーンがうまく出た凄くいいプリントになっていると思う。


しかし想定外だったのはリニューアルオープン後、地元夕張関係者のSNSで、

この写真のキャプションに表示した撮影地点について疑義が沸き上がった事。

風太郎はこの写真は朝の登校風景であり、夕張線との接続駅だった「清水沢」と固く思い込んでいて、

昨夏の写真展もそうだが「清水沢」と堂々と表記していたのだが、「これが清水沢なら背後に跨線橋があるはず」。

さらにはスハニ6の窓下にある「清水沢⇔南大夕張」のサボはその矢印方向と駅の所在方向が一致していた、

到着直後の列車の先頭に立つ機関車は南大夕張側に付いている、つまりこれは明らかに南大夕張行列車である、

と詳細な画像解析まで入ればもう地元の情報力には敵いません。


訂正いたします。この写真は終点「南大夕張」でした。女子高生は「下校中」だったんですね。

それは改めてネガの並びを確認すれば一目瞭然で、33年前とはいえ、げに思い込みとは恐ろしいもの。

あまりみっともないので修正を依頼しなければ。







yubari_15926take1b.jpg







それはともかく。

「幸せの瞬間」の一枚一枚は皆温かい。撮影者と被写体との幸せな関係性があってこそ生まれる写真は、

その人以外の誰にも撮れない、その人だけの傑作なのだ。

一枚だけデカイのが恐縮な位だが、この土地に今も生きる人、初めて訪れる人、

それぞれの心の奥の幸せを呼び覚ます場所になっているのなら、そして夕張再生へ祈りも感じていただけるなら、

ささやかながら関わりを持てた者として嬉しい。








yubari_15933take1b.jpg





HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/06/19 19:48 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(12)