写真展大巡回

tokai20170729_17048b.jpg






都区内一日フリーキップを買って都内一円写真展巡り。

まずは銀座ニコンサロン。






shashinten201707291b.jpg


「死は生の一部」という作者の死生観が静謐なモノクロームに宿る。

路傍の土くれに死を感じ、微かな残照に生を見る。

無風の水面のような感性に憧れる。



返す刀で鉄分濃い系3連発。

品川のキャノンは猪井さんと鉄道写真作家協会の競作。

「鉄景漁師」とは面白いタイトルだが、この国の美しき山河を縫う鉄道が織りなす光と翳に酔い、旅に心揺れる感動が伝わる。

だからいつまで経っても止められねえ、という猪井さんの呟きが聞こえて来そうだ。


「煙のゆくえ」は、復活SLに対し様々な作家がこれでもかとデシタルをブン回した感じ。

アナログ時代の絶対不可能を可能にする魔法の威力は、蒸気機関車を美しき衣を纏ったオブジェに変える。

いや待てオブジェや見世物じゃないだろ、蒸気機関車は必然から生まれ暮らしを運び時代を作った・・・とは言うまい。

時代は変わり人は変わる。今蒸気機関車は全く違う役割を生きている。何が正しいかは時代が決めてゆく。





shashinten201707292b.jpg



渋谷に転じて。

これはアマチュアを中心とする合同展。何より山岡山さんが出品、わざわざ広島から上京されるとの事で馳せ参じた次第。

地元の強みを生かして三江線、木次線など陰陽横断線を撮り続ける氏はその卓越した映像センスもさることながら、

光線や気象条件など周到に先回りしているのが見て取れ、それはもう小憎らしい程。

地元掘り下げの鑑とも言える方といつも感心しているので、お会い出来て良かった。

ブログの小さな画面に収まりきれない、「現代ニッポンのローカル線」の居住いを詩情豊かに捉えている。

三江線もいよいよ来年で終わりだが淡々と受け入れるという泰然自若さは、ひたすらオロオロするであろう風太郎とは大違いだ。







araki16915b2.jpg



締めは恵比寿でアラーキー。

伴侶にして最高の被写体とする「陽子」との愛と死の記憶。

24歳で結婚して42歳で亡くなった「陽子」は齢を重ねる毎にきれいになっていくんだな。

被写体というより写真と対峙しながら自分の中の「陽子」を見つけ出していたのかもしれない。

ファインダーは独りでしか覗けないものだから全ての写真は「私小説」を纏うのかもしれないが、

自身の内臓をも掴み出すような「念」のリアルな手触りは、写真を狂おしい程の手段に変えてゆく。






やっぱり写真展ってそれぞれの作家さんのイマジネーションやら情念やらが濃縮された空間だから、

そんな事じゃイカンとブン殴られたり、コレだと膝を叩いたり。

いろいろインスパイアを受けたので、おっしゃワシも撮るでとユルユルは遺憾ながら即席「東京日和」。









tokai20170729_16956take2b.jpg

   中央線 中野   2017年7月





もひとつおまけに真島さんの名作「0系新幹線」の真似、じゃなくてオマージュ。

上と併せてコレがナニか分かるかな?





tokai20170729_16944中野189系 take1b

tokai20170729_16951take1b.jpg




HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/07/31 20:00 ] 日々雑感 | TB(0) | CM(8)