夕張物語 その10    南大夕張

yubari_16097b.jpg

   三菱石炭鉱業鉄道線 南大夕張駅跡    2017年6月







南大夕張駅があった場所はすっかり荒れ地となって昔を偲ぶ余地もないのだが、

唯一の遺構として上屋を備えたホームと当時の客車が展示されている。

上屋の脇に階段があって登ったところに駅舎があったように思う。

ホームの周囲は広大なヤードで石炭を満載したセキが轟音をあげて行き来していた。







南大夕張構内1 198402 55mm_16243原版take1b

南大夕張駅舎 55mm_16241原版take1b

三菱石炭鉱業 南大夕張 女子高生1 55mmF35_15779原版take1b

   三菱石炭鉱業鉄道線  南大夕張    1984年








保存客車の白眉はやはり3軸ボギーのスハニ6だろう。

車内にも入れるので染み込んだ石炭ストーブの香りを嗅ぐ事も出来る。

1987年の鉄道廃止から30年に及ぶ停まった時間。









yubari_16098take1b.jpg

yubari_16102take1b.jpg

yubari_16101take1b.jpg

yubari_16109take1b.jpg








カーブの度に古びた客車は軋みをあげ、3軸ボギー台車が発する「タタタン、タタタン、」の独特なジョイント音に負けぬよう、

満載の高校生達のおしゃべりはひときわトーンが上がる。

厚着で乗れば汗が噴き出すような石炭ストーブの熱量に窓ガラスは曇って、モノトーンの炭鉱住宅街を朧に映していた。









三菱石炭鉱業スハニ6車内3 55mm_16222原版take1b

三菱石炭鉱業スハニ6車内1 1984 55mm_16213原版take1b

   三菱石炭鉱業鉄道線 スハニ6車内    1984年








終着の南大夕張到着は当時の時刻表によれば16時26分。冬の日はもう終わろうとしていたに違いない。

妙に硬いネガは光量不足を読んでかトライXを2段増感していたのではないかと思う。風太郎にしては手回しの良い事だ。



改めてよく見ればスハニ6の展示場所はまさに「その時」の停止位置と分かった。

レンズはスナップ用に多用していた35-105mmズームの広角側一杯、ピントはサボに置きピンだったか。

同じ35mmの画角にセット。








yubari_16113b.jpg








33年の時は流れ、鉄路は消え、高校生達のざわめきも遠い過去のものとなった。

しかし時を超えて記憶の痕跡が残り、再びそこに立てたなら、それもまた「幸せの在りか」に違いない。








kiroi1b2.jpg



( 夕張物語 おわり )




HPはこちら  
「風太郎の1980年田舎列車の旅」

Copyright © 2014 風太郎のPな日々 All rights reserved


「ブログ村」に参加しました。ご訪問の際はポチしていただけると励みになります!
 ↓
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
[ 2017/07/01 18:43 ] 最近の旅 北海道 | TB(0) | CM(12)